Skip to content

JTableクラスを使うときの注意点

JTableクラスを使うときの注意点 published on JTableクラスを使うときの注意点 へのコメントはまだありません

今、Joomla!のコンポーネントを作ってる。このページとかを参考にしてるんだけど、JTable::getInstance で以下のようなエラーが出る。

 Table XXXX not supported. File not found.

検索したら、フォーラムでこんな書き込みを見つけた。結構みんな同じ問題にぶつかってるんだね。

自分の場合はそこに書いてある記事は直接解決には役立たなかったけど、問題の切り分けには役に立った。

とりあえず注意点としては

  • adminディレクトリの下にtablesディレクトリを作って、そこにJTableを継承したクラスの定義を入れる
  • com_xxxx.xmlの<administration>セクションにtablesの下のファイルを記述するのを忘れない
  • アンダースコア付きのファイル名は使わない!

ってことかな。

Joomla!モジュールとコンポーネントの違い

Joomla!モジュールとコンポーネントの違い published on Joomla!モジュールとコンポーネントの違い へのコメントはまだありません

joomla module component differenceで検索して一番最初に出てきたページ(英語)がさすがに分かりやすい。
・モジュール
情報を表示するための小さな機能。色んな場所に何度でも表示させる事が出来る。
・コンポーネント
モジュールよりも複雑で多機能。(通常は)ある1つのページのメインエリアにだけしか表示できない。コンポーネントへのリンクはメニューアイテムを作る事により可能。設定用のページを持つのが一般的。
って感じらしい。
日本語のこちらのページも分かりやすい。1.0の話だけど、1.5でも大差ないはず。

BreezingFormsで確認メール送信

BreezingFormsで確認メール送信 published on BreezingFormsで確認メール送信 へのコメントはまだありません

JoomlaのエクステンションでBreezingFormsというのがある。以前、FacileFormsというのがあったんだけど、その作者がJoomlaに興味をなくしちゃってJoomla 1.5対応をしなくなったので、FacileFormsからフォークしたプロジェクト。
サブスクリプションでお金を取るようになっちゃったんだけど、ライセンスは今もGPLらしいので、検索すればソフト自体はどっかからダウンロードできる。
BreezingFormsやFacileFormsがどういったものかは検索してもらうとして、ここではフォームの「送信」ボタンを押したときにフォームの内容をメールで送信する方法、そしてそのメールの内容をカスタマイズする方法を書く。QuickModeを使用。
フォームの内容をメールで送信する方法は、Textfieldのエレメントを作って、「Advanced」タブで「Mailback」にチェックを入れて保存する。
これでメールが自動的に送られるようになるんだけど、そのメールが英語なのでメール内容をカスタマイズする方法。画面から出来れば良いんだけど、直接ファイルをいじらないとダメ。
以下のディレクトリに mailbacktpl.txt.php というファイルがあるので、それを[フォーム名]_mailback.txt.php という名前でコピーして中身を編集する。
/path/to/joomla/administrator/components/com_facileforms/mailtpl/
このページに書いてあった。一応これでメールの中身をカスタマイズされるんだけど、UTF-8で送られてしまう。ISO-2022-JPにするにはもうちょっといじらないといけないけど、面倒なのでとりあえずそのままにしてる。

Joomla CBでメールアドレスでログイン

Joomla CBでメールアドレスでログイン published on Joomla CBでメールアドレスでログイン へのコメントはまだありません

Joomlaを使ったサイトを構築中。Community Builder (CB)というプラグインを使ってるんだけど、ログインの際にユーザー名ではなくてメールアドレスでログインするようにしたい。ユーザー名を覚えるのって面倒くさいので。
1時間くらい調べたけど、結局標準機能で出来る事が判明。わざわざCBのプラグインを作ってる人までいたので、結構分かりづらいのかもしれない。
やり方は、CBのConfigurationの「全般」タブで「ログインの種類」という項目を変更する。
あとは必要に応じて、ユーザー名の表示を必須項目から外したり非表示にしたりって感じ。

Joomla!のURLをドメイン直下に変更

Joomla!のURLをドメイン直下に変更 published on Joomla!のURLをドメイン直下に変更 へのコメントはまだありません

DreamHostで動かしているサイトにJoomla!をインストールしたというエントリを書いた。
/home/[username]/example.com/joomlaにインストールしたのでURLはhttp://www.example.com/joomla/ となるんだけど、これをドメイン直下に変更したい。
webでちょっと調べたところ、ファイルを単純にDocumentRootに移動するという方法を見つけた。まぁこれでもいいんだけど、できればインストール先は上記のままで、URLのみ http://www.example.com/ に変更したい。
もう少し調べたところ、英語だけどJoomla!のフォーラムにこんなのがあった。で、そこで紹介されているページのやり方が自分のやりたい事ずばり。
やることは以下の3つ。
そのページの1つ目のコードをDocumentRootの.htaccessに記述。自分の場合、/home/[username]/example.com/.htaccess
2つめのコードはSearch Engine Friendly URLsを有効にしている場合に、joomla!のルートディレクトリにある.htaccess(元々htaccess.txtというファイルだったもの)を修正するときの方法。自分の場合、 /home/[username]/example.com/joomla/.htaccess
3つめのコードはconfiguration.phpの修正。
ちょっと試してみたところ問題無さそうなので、この方法を採用。