Skip to content

カントおもろい

カントおもろい published on カントおもろい へのコメントはまだありません

カントの入門書みたいなのを買った(その他にも3冊ほど買った)。面白いね。読みかけだけど。道徳的エゴイスト、あぁいるいるって思った。自分は論理的エゴイスト?こういうのって色々読んでって色々馬鹿正直に考え過ぎると、自分みたいな臆病者は何も行動出来なくなるような気がする。
哲学って結局世界をどう捉えるかっていう事のような気がするから、誰の意見が一番共感できるか?オレこいつの考え方のこういうとこが好き、みたいなんでいいと思うけど。ダメ?
話はちょっと変わるけど、最近進歩したと思う事。昔は入門書みたいなのを1冊読んで大体その分野が分かった気になっていたけど、最近は2〜3冊は読む事にした。で、興味のあるのはもうちょい読んでいこうかな、と。

Categories

みんな興味はあるはず

みんな興味はあるはず published on みんな興味はあるはず へのコメントはまだありません

昔、少年ジャンプの広告に載ってたブルーワーカーとか手足に付けるおもりみたいなのとか、あるいは長身法とか更にはもっと怪しいガラナチョコとか、みんな気にはなっていたもののなかなか買うまでには至らない、そんなグッズってあるよね。最近(でもないか)ではアブトロニックとか?
で、昔はお金がなくて全て断念してたんだけど、働くようになってちょっとお金に余裕が出てくると色々買いたくなってくる。
で、今回買ったのはこれ。
1日15分の速聴で脳は必ず鍛えられる!
誰だって頭良くなりたいよねー。と言う事でしばらく試してみてレポートします。そんな時間が取れるかどうかがちょっと心配だけど、、、amazonのレビューだと、関係者じゃないか?と思われるような賞賛のレビューが多いなぁ。
ところで、頭が良くなったか、脳が鍛えられたかどうかはどうやって判断すればいいんでしょう??
ちなみにamazonで「速聴」で検索したら一番上に出てきたこの本も買ってみた。
しかし、それよりも速読の方がマスターしたいな。読みたい本がたくさんあるのに時間がない。

Categories

最近沢山読んだ

最近沢山読んだ published on 最近沢山読んだ へのコメントはまだありません

一足早く読書の秋を迎えた私。
メモ程度に最近読んだ本を書いておこう。
小説類

  • 前日島/ウンベルト・エーコ
  • 幻惑の死と使途/森博嗣
  • 夏のレプリカ/森博嗣
  • 血まみれの月/ジェイムズ・エルロイ
  • 螢川・泥の川/宮本輝
    教養・雑学系

  • ウィトゲンシュタイン入門/永井均
  • ミクロ経済学入門/奥野正寛
  • マクロ経済学入門/中谷巌
  • 日常語から分かる仏教入門/ひろさちや
  • 古代仏教の世界/宮元啓一
  • フランス革命/遅塚忠躬
    読みかけ

  • 赤と黒/スタンダール(毎日昼休み立ち読み中)
  • アンナ・カレーニナ/トルストイ(book offで上巻だけ買ったので)
    暇な時に感想でも書くか。あと、今更ながらAmazonのWebサービスが面白そうと思った。時間見つけてちょっと試してみるか、と思ってる。

  • Categories

    すべてがFになる コミック

    すべてがFになる コミック published on すべてがFになる コミック へのコメントはまだありません

    友達に借りたんだが、この手の本って毎回よく1冊にまとまるなぁと感心するよ。自分が漫画家だったら5冊くらいになってしまいそう、、、
    内容的にはまぁまぁ原作の面白みも出ていると思うけど、原作を読んでないとちょっと楽しめないかも(話が分からないかも)。あと犀川先生の絵がかっこよすぎる気がするんですけど。
    ちなみにコミックバーズというのに連載されてたそうだ。読んだ事無いけど。読者層もよく分からないけど、男性向け漫画誌らしい。

    Categories

    反三国志

    反三国志 published on 反三国志 へのコメントはまだありません

    今、「反三国志」を読んでる。史実に反して劉備・蜀が天下を取るという話。Webを見ると劉備ファンでもこれはやりすぎじゃないかってくらいの話らしいんだけど。
    とりあえず徐庶は魏に戻る前に連れ戻されて諸葛亮とホウトウがそろうところまでは読んだ。しかしこの本、読者は三国志のストーリーを既に知っていることが前提となって書かれているので初心者にはお勧めできない。
    反三国志〈上〉講談社文庫
    反三国志〈下〉講談社文庫

    Categories

    永沢君 その2

    永沢君 その2 published on 永沢君 その2 へのコメントはまだありません

    「永沢君」をアマゾンで買って読んだよ。面白い!細かいところまでネタが仕込んであっていちいち笑える。表紙は中学の制服姿の永沢君なんだけど、タマネギ頭の上にすごい小さな学生帽がちょこっとのっかってるの。帽子の役に立ってないって、、、
    職場のUさんに貸したら電車の中で読んだらしい。電車の中でマンガ読みながら笑ってる大人って恥ずかしいよなぁ、、、
    永沢君スピリッツボンバーコミックス

    Categories

    話を聞かない・・・

    話を聞かない・・・ published on 話を聞かない・・・ へのコメントはまだありません

    こないだ久しぶりにbook offに行った。「話を聞かない男、地図が読めない女」を105円(税込)で買った。あれだけ売れた本だしそれなりに面白いんだろうとは思ったけど、特に期待もしてなかった。
    読み始めてすぐの第1章の最初でかなりウケた。
    『いっぽう女にとって、トイレは社交ラウンジであり、セラピールームである。(略)でも、もし男が「おい、フランク。俺はいまからトイレに行くけど、いっしょににどうだい?」などと言ったら、たちまち噂になるにちがいない。』
    そりゃそーだ。
    ということでこの本、自分にとって105円の価値はあった。

    Categories