Skip to content

OCN IPv6+バッファローのルーターで自宅サーバー

OCN IPv6+バッファローのルーターで自宅サーバー published on OCN IPv6+バッファローのルーターで自宅サーバー へのコメントはまだありません

■IPv6な自宅サーバーを立てたい

自宅サーバーでちょっとしたIPv6ユーザー向けのサイトを作ったので、外からアクセスできるようにしようと思ったんだけど結構ハマったので一応メモ。

ネットワーク環境

  • OCN IPv6
  • ルーター:バッファロー WZR-HP-G301NH
  • OCN IPv6接続ツールをWindows XP PCに入れ、ルーターモードで使用

サーバー環境

  • CentOS 5.5
  • Apache 2.2

■中 → 外はOK

自宅LAN内のPCからIPv6なサイトを見たりするのは特に問題がなかった。例えば、2chの踊るひろゆきとか。

一応書くと、LAN内のWindows PCにOCN IPv6接続ツールをインストールして、ルーターモードで動作させるだけ。「ルーター」モードと言う名前なので自分は最初若干混乱したんだけど、そのPCが(IPv4の)ネットワーク的にルーターになる必要はない。当然NICは1枚でOK。

うちの場合、上記のバッファローのブロードバンドルーターがIPv4的にはルーター。で、LAN内にはLinuxサーバー、Windows PC(OCN IPv6接続ツールをインストールし、IPv6的にはルーター)、その他PC数台という構成。

■外 → 内がNGだった

ここまでの設定で、LAN内の(IPv6対応の)ノードには全てIPv6アドレスが振られる。で、Linuxサーバーに外のネットワークからIPv6でつなごうとしたんだけどNG。ちなみに、外のネットワークというのは、ノートPC+E-Mobile+Feel6。

tracertを確認すると途中で止まっている。

ネットでOCN IPv6の情報を集めても、特にどっかでブロックしているような感じではない。

■バッファローのルーターでブロックされてた

結論から言うと、見出しの通りバッファローのルーターでパケットがブロック(というかドロップ)されていたらしい。

(2010/8/11修正)

以下の画面のように「Internet側からのPINGに応答しない」のチェックを外せばOKだった。

IPv6-and-Buffalo-router.png

(2010/8/11追記)

上の「PINGに応答しない」の情報は嘘でした。正しくは、外→内のUDP 1701ポートへのアクセスを許可すれば良かった。やり方は以下の2通り。

  • 「ゲーム&アプリ」→「DMZ」で、OCN IPv6接続プログラムを実行しているマシンのIPアドレスを指定
  • 「ゲーム&アプリ」→「ポート変換」で、UDP 1701をOCN IPv6接続プログラムを実行しているマシンに向ける

前回間違えた情報を書いてしまった事に反省…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です