Skip to content

IPv6普及の起爆剤って何だろ

IPv6普及の起爆剤って何だろ published on IPv6普及の起爆剤って何だろ へのコメントはまだありません

最近、勉強を兼ねてIPv6のDNSサービスを作ってた(こちら)。うちではOCN IPv6を使ってるんだけど、IPv6が普及するにはやっぱりそれを使うメリットみたいなのがないとダメだよね。

一番手っ取り早いのはエロとかなんだろうけど、コンテンツを提供する側としてわざわざIPv6に移行するメリットがないだろうし。

実用的なのだとWindows 2008 R2から使えるようになったDirectAccessなんてのはどうだろう。要はVPN。この辺とかこの辺を参考に。

"ipv6 メリット"で検索してみた。アドレス空間が広がるなんて当たり前のはおいといて、いくつかピックアップしてみた。

  • IPアドレスの自動設定
  • マルチキャスト
  • IPsecの強化

どちらかというと、どれも管理者にとって嬉しい機能って感じだし、ISPなどから徐々に普及って流れになるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です