騒音おばさん


最近そんなのが流行ってるんだね。知らなかった。何かのリンクを辿っていったらこんなサイトが見付かった。で、そこ経由でニュースの動画とか見てみると、この報道はかなり偏りがあるんじゃないかって気がする。
○事件の概要
知らない人はあまりいなさそうではあるけど一応流れを書くと、奈良県の夫婦が向かいの主婦(?)の家から数年間に渡ってラジカセで大音量で音楽を流され続けて、それで何かの病気になったって事で訴えて被告は実刑1年(確か)の判決を受けた、という話。
○疑問を持つ人たちも
あまり興味もなかったので「へー、変な人もいるんだなぁ」位にしか思ってなかったんだけど、日本ではかなり話題になっているらしいので、適当にサイトとか見てたらさっきのページとかで報道の偏りを指摘する意見や被告に対する同情的な意見などもちょこちょこ見付かった。
○ニュース動画を見た感想
で、自分でもニュース動画を見た。被告がやった事が有罪なのは分かる。重いか軽いかはよく分からないけど。でも、ニュースとか報道番組(バラエティ?)の動画とか見たらおかしいところが沢山見付かった。
とりあえず「バンキシャ(?)」とかいう番組の動画を見たけど、つっこみどころが色々と。
・75dB
被害者夫婦のインタビュー(聞き手→聞、夫、妻の3人)
聞:騒音はどれくらいだったんですか?
妻:2階の部屋からだとキツいときで71〜2dB(デシベル)とか。
夫:75くらいあっただろ。(水増しっぽい
聞:75dBですかー。(それを事実として認定)
というか、テロップでは最初から「2階の部屋からだときつい時で75(デシベル)くらいあった」って。
・75dBの中で寝る
で、その後75dBの中で寝られるかどうかの実験をするんだけど、そもそも実際の被害者の環境は2階の一部の場所で最高71〜72dBなので(それ自体も証拠はないけど)、雨戸を閉めたり1階の部屋だったら明らかにそれより低いはずなので実験の意味がない。
・75dBの中で会話
その後スタジオで75dBの中で会話ってのはどんなもんかってを実験するんだけど、音量系は75を超えてどんどんあがって81.5dB。
・デシベルって?
75dBも81.5dBも大して違わないように思えるけど、6.5dB違うと音圧は、、、多分約5倍(専門でないので自信なし)。
○結局
やっぱりテレビって信用ならないよなぁ。上に書いたのは二流のバラエティ番組っぽいけど、普通のニュースとかでも被告が叫んでいる「抗議」ってのが何かってのに触れている番組は殆ど無かった。1局くらい他と違う視点で掘り下げて報道するところがあってもいいのにねー。
念のため繰り返すと、自分は別にあのおばさんは無罪とは思わないけど、こんな偏った報道だとまずいような気がする。今回みたいな些細な近所喧嘩ならともかく、国防とか外交とかそんなんでこういう偏った報道されると…


○リンクとか
ニュース動画はこの辺で
http://www.geocities.jp/mc_miyoco/
その他いくつか興味深い事書いてあったblogとか
「騒音おばさん」報道への疑問 [ニュース]
こうなる前にもっと違う方法があるんじゃないかって事と、あのおばさんの奇異性だけですませてしまうってのはおかしいって意見。
[MIYOCO]騒音おばさん事件の判決にちょっと思うこと
被告の家族に障害を持っている人とかもいてそれに対する同情的な意見や被告の音楽的才能についてなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です