Skip to content

顔で損する人

顔で損する人 published on 顔で損する人 へのコメントはまだありません

Yahooでこんな記事があった。山形浩生さんが書いた「亀井氏の正しい日銀批判」というもの。
亀井さんは顔とイメージでかなり損をしてると思う。
でも、記者会見をオープン化してネットとかのメディアをある意味自分の側に引き込もうとしているのか、結構彼に対する評価も変わってきているのかも。
金融庁の記者会見の概要を読むと結構面白い。日付の後に(1)がついているのが従来の記者クラブ向けの記者会見で、(2) がその他の記者向けの記者会見。
こういうのを読むと、本当にマスコミによる印象操作って酷いなと思う。

何か仕事ありませんかね?

何か仕事ありませんかね? published on 何か仕事ありませんかね? へのコメントはまだありません

前からマスコミなんてあまり信用してないけど、最近は特にそう思うようになった。
別に自民党とか麻生首相を支持してるってわけでもないけど、どうでもいい事で首相を悪く書いてる記事とかが多くて、なんかガッカリする。政策とかをしっかり批判すればいいのにね。
首相が会員制のバーで飲んだとかそんなの本当にどうでもいい。
今日はこんなのが。

麻生首相、ハローワークを視察「なんかありませんかねじゃ、仕事は見つからない」

この見出しだけを見ると、失業の問題を求職者個人の問題にすり替えてるように見えるけど、記事を読めば、(実際にちゃんと行われるか、効果が出るかは今後を注視する必要があるとしても)政府として対策を打とうとしているし、その若者には「現状は厳しいけど目的意識を持って職探しをすれば仕事が見付かる可能性も高まる」って感じのアドバイスしてるだけのような気がするけど。