文章を書くのって難しい


「書くことの難しさ ネットの言論はなぜ質が低いか」という若干扇情的なタイトルの記事が日経IPProに載っていた。

読んでみると結構納得できる内容だった。筆者が指摘する通り、ネットは既存のメディアを批判する新たなメディアという面で非常に価値があると思うが、新たな情報発信のメディアとしては弱い。

IT関係に関しては、間違った情報が拡大再生産されるという負の側面はあるものの、個人のブログで有益な情報が見付かる事多いので、個人的には助かっている。自分も技術的な事に関して、分からなくて調べた事などは備忘録も兼ねてblogで公開している。1人2人でも役に立ったって思う人がいればいいかなぁと。

その他だと、口コミ情報というのもネットがなかった時代にはなかなか得る事が出来なかった気がする。

多分ネット上での言論って成熟していく過程なのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です