VNCをxinetd経由で


VNCは便利なのでよく使っている。でも、普通の設定だとVNCを使えるユーザーとかを設定しなければいけなくてちょっと面倒。

xinetd経由で起動するようにして、認証もxdmcpを使うようにすると使い勝手更にアップ。

巷には沢山設定ページが出てるんだけど、VNC 4.xの場合ちょっとだけ追加で設定が必要なので、一応まとめてみた。

○環境
・サーバー
CentOS 4.3
VNC 4.0 (vnc-server-4.0-8.1)

○設定
・/etc/X11/gdm/gdm.conf の修正(以下、修正点のみ)

[xdmcp]
Enable=true

・/etc/services に以下のエントリを追加

vnc-1024x768    5900/tcp                        # vnc

・/etc/xinetd.d/vnc-1024×768 というファイルを以下の内容で作成

# default: on
# description: vnc
service vnc-1024x768
{
disable = no
socket_type     = stream
wait            = no
user            = root
server          = /usr/bin/Xvnc
server_args     = -inetd -query localhost -once
-geometry 1024x768 -depth 16 -SecurityTypes=None # 1行で
log_on_failure  += USERID
}

ポイントは -SecuritTypes=None

○参考
@ITの記事
Linux graphical login using VNC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です