BitTorrentガイド


CentOSのDVDのISOイメージはBitTorrentでしか配布していないので、BitTorrentのクライアントソフトであるBitCometをダウンロードしてインストールして使った。

で、最初はよく使い方とか分からないので、Webで検索して情報収集していたら「BitTorrentガイド」というページを見つけた。
気になったのが以下の記述。

BitTorrent自体は元々Linuxなどのサイズの大きいオープンソースソフトを配布するために開発されたプロトコルで、Winnyのように違法コピーを促進するため、また「当局の鼻をあかすため」に作られたものではありません。

「Winnyが違法コピーを促進する為に作られた」かどうかは裁判で争われている段階であり、「また『当局の鼻をあかすため』に」作ったってのもどうなんだろう?

作者はWinnyを作る事で違法コピーが行われる可能性は当然分かっていたはずだが、促進する為に作ったかというと個人的には違うんじゃないかなぁという印象を受ける。そのあたりは裁判で分かっていく事だとは思うけど。

いずれにしても、上記のような無責任な事を書いているサイトは信用できない。また、偉そうな事を書いてるくせに、以下のような記述も。

ここでは例としてある洋楽CDをISOイメージにして、オンラインでダウンロード可能な形にします。方法についてはここをご参照ください。

ちなみに英語版のサイトには上記のような記述はないので、訳者か日本語サイトの運営者がダメって事か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です