Skip to content

SELinux + Movable Type

SELinux + Movable Type published on SELinux + Movable Type へのコメントはまだありません

メモ
サーバーを引っ越した。RH9からFedora Core 3。RHELクローンかSolaris 10にすることも考えたんだけど、たまたまFC3がインストールされてたPCがあったので。
○概要
FC3ではSELinuxが使える。無効にしている人が多いと思うけど、せっかくなんで勉強がてら有効のまま使ってみる事にした。そのままだとユーザーのホームページも公開出来ない、CGIからファイル書き込みが出来ない、と結構セキュリティ厳しめなので、ちょっと変更する。
○環境
Fedora Core 3
Movable Type 3.17-ja
/home/kazu/public_html/blog/ 以下にインストール。
データディレクトリは別。
○作業
基本的な事は大体このページに書いてある。「2.2. ユーザのホームページが公開できない(Apache)」を実行。
Movable TypeはCGIプログラムで、データの書き込みなどを行う。SELinuxの設定で、apacheから特定ディレクトリにのみ書き込みが可能にする。このページも参考にした。(1)(4)(5)を実行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です