人の好みはそれぞれねー


先週の途中から昨日まで、通っている絵画教室の生徒さんの作品を集めた展覧会があった。で、最終日の昨日、終了後に打ち上げパーティーがあった。その席で会員さんの投票による賞・講師の方達が選ぶ賞・教室のスタッフの方達が選ぶ賞の発表と授賞式があった。で、自分の絵がスタッフの1人に気に入ってもらえた様で、その方から賞を頂いた!素直にうれしい。
絵を習い始めて早5年(とは言え最初の2〜3年はサボり放題だったけど)、今回が2度目の出展。旅行前までに仕上げなければならず旅行前もかなり忙しかったため、自分としては時間不足で未完成だし出展するかどうか迷ったんだけど、出せば色んな人から意見をもらえるかなぁと思ってとりあえず出展した。正直前回からあまり進歩してないなぁとも思った。
自分としては不満な部分も多いんだけど、そのスタッフの方や他の友人でも「好き」と言ってくれた人も若干名いて、人の好みはわからないなぁと思った。音楽でも絵でもそうだけど、人に媚びる訳ではなく自分のやりたい様にやってそれがたった1人でもいいから誰かに気に入ってもらえれば、それだけで報われた気がする。まぁ誰からも気に入ってもらえなくてもやり続けるけどね。
前回は時間の都合上参加できなかったけど、今回は講師の方達による講評ツアーにも参加した。これは生徒数人(多いと10人以上?)と先生が1〜2人で、参加している生徒さんの作品を見て回り講師陣が講評を行うというもの。自分が参加したときは生徒3人と先生2人だったので色々と話を聞くことができた。
「自分は細かいところを描くのが苦手でどうしても大雑把な絵になってしまう」
という問いに対しては、
「必ずしも細かいところを描く必要がない。私(先生)も今はどんどん不要なものを抜いている段階」
「興味がないところを描くことはできないから、悪い意味でなく細かいところに興味がないのでは?」
「細かい所を描くのが必要だと思えば先生と相談して色々試してみるといいと思う」
という感じの答えを頂いた。
自分としてはまだまだ始めたばっかりのつもりだし、色々試してみようと思う。デッサン力ももう少しつけたい。これは数をこなすしかないかな。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です