Skip to content

git show

git show published on git show へのコメントはまだありません

検索するとマニュアルにそれっぽい記述が出てくる。以下、引用。

$ git show v2.6.15:a.txt    # a.txt の過去のバージョンを表示する

いや、そもそもタグ付けしてない限りバージョン番号なんて付いてないんじゃないの?

で、検索して別のページを見つける(→ gitで過去のバージョンを取り出す)。やっぱ、git showでよさそうだけど、バージョン番号はhash値でいいのかな?とかやってみたけどうまく行かない。

[kazu@localhost build]$ git show c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:LiftProject.scala
fatal: ambiguous argument 'c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:LiftProject.
Use '--' to separate paths from revisions

 結論から言うと、git show <リビジョン>:<ファイル名> でOKなんだけど、ファイル名の所は.gitがあるディレクトリからの相対パスを指定しないと行けないみたい。

[kazu@localhost build]$ cd ../../
[kazu@localhost build]$ git show c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:project/build/LiftProject.scala

でOKだった。

gitosis on CentOS

gitosis on CentOS published on gitosis on CentOS へのコメントはまだありません

gitosisとは、gitレポジトリのホスティングが出来るようになるソフトらしい。とりあえず使えるようになったのでメモ。

■環境

  • CentOS 5.5

■インストール

まずは必要なプログラムをインストール。git-daemon, python-setuptools, gitosis 全てyumでインストール

$ sudo yum install git-daemon python-setuptools gitosis

 

Continue reading gitosis on CentOS

EclipseからGitを使う

EclipseからGitを使う published on EclipseからGitを使う へのコメントはまだありません

■インストール

EclipseからGitを使うにはEGitというプラグインを使う。

インストールは公式サイトのここにあるように、Eclipseの通常のプラグインインストールと同じように、Help -> Install New Softwareを選択し、Add Siteで http://download.eclipse.org/egit/updates を追加して・・・って感じ。

使用方法はこれが詳しい(英語)。

■sshの設定

Pageantが立ち上がってればそっちで認証してくれるようにして欲しかったんだけど、そのやり方がよく分からなかったので、Puttyの鍵(*.ppk)をPuTTYgenに読み込ませた後にOpenSSH形式でエクスポートして、それを使うようにEclipseで指定する。

Window -> Preferencesで設定画面を開き、General -> Network Connections -> SSH2のところ。

この辺(英語)を参考にした。

Continue reading EclipseからGitを使う