ビデオ会議


自分用メモ。

実験用に作ってるウェブサイトにビデオ会議の仕組みを組み込みたい。フリーで使えるのも結構あるので、タイプ別にまとめる。

■サービス

その会社がインフラ含めサービスを提供してて、それを外部から使う形。APIでコントロールする形。

 

ooVoo

Skypeみたいな普通のクライアントソフトもあるけど、Java(あるいはActiveX)で動くクライアントもあって、Webサイトに組み込む場合にはそっちが使われる。

クライアントをコントロールするAPIはJavaScriptで行う。

フリーだと1対1のビデオ会議しかできない。デスクトップ共有も出来ない。

 ・Dimdim

こちらはクライアントソフトはなくて、完全にWeb上で動く感じのシステムかな。昔はオープンソース版もあって、自前のサーバーにインストールとかも出来た気がする。検索すると2008年位までの情報しかないので、その後ソースは公開しなくなったのかも。DrupalからDimdimを使うモジュールを作っていた人達もちょっと文句っぽい事を書いてるな(→ここ)。

フリー版は10人まで参加できる会議が作れるみたい。

APIはSaaSらしいけど、Businessエディションでしか使えないっぽい(エディション比較)。

Vyew

ググったら見付かった。試してない。サービスを使うのとアプライアンス購入という2つの選択肢があるっぽい。

APIもある。フリー版(10人まで参加可能)でも使えるっぽいので、とりあえずこれを使ってみようと思う。

■サーバー

ソフトを自前のサーバーに入れて使う。それなりのスペックのサーバーと回線が必要となるはず。

openmeetings

Javaで出来ているっぽい。インストールのページを見ると、その他色々ソフトが必要なようなので、インストールが若干面倒そう。

■ライブラリ?

Xuggler

Javaで出来た、動画配信とかで使える、動画圧縮・伸長等のライブラリ。直接ビデオ会議とは関係ないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です