Skip to content

OCN IPv6 モバイル+Freenet6

OCN IPv6 モバイル+Freenet6 published on OCN IPv6 モバイル+Freenet6 へのコメントはまだありません

昔、フレッツADSL+固定IPのプロバイダを使って、外部から自宅サーバーにsshでログインしたりOpenVPNを使って自宅のWindowsドメインのリソースにアクセスしたりしてた。

それと似た事をIPv6環境で出来たのでとりあえずメモ。

 

環境(自宅側)

  • フレッツ光
  • OCN (非固定IP) + OCN IPv6 (IPv6動的トンネリングサービス)
  • コレガCG-BARPRO6 (OCN IPv6対応ルーター)
  • OCNの接続ツールは使わない

環境(リモート側)

  • Windows Vista
  • Freenet6 (無料のIPv6トンネリングサービス)
  • Emobile (別に何でもいいけど)

OCN IPv6モバイルという無料の試験サービスで無料のDNSサービスを提供しているので、自宅にあるPCのIPv6アドレスを登録すればOK。

IPv6の場合、各インターフェースが複数アドレスを持つんだけど、リンクローカルアドレスと呼ばれるIPv4におけるプライベートアドレスみたいなものをDNSに登録しないように注意。リンクローカルアドレスはfe80から始まってる。

あとはリモート側からDNSに登録したホスト名にアクセスすればOK。sshで普通につながったときは結構感動。

速度はいまいち。リモート側もちゃんとしたIPv6サービスならもう少し早いんだろうけど、海外のゲートウェイを経由しているので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です