JBoss Tools


以前JBoss IDEって名前だったEclipseベースの開発環境が、他のプロジェクトと合流してJBoss Toolsと言う名前に変更になったらしい。JBossを使ったWebアプリのプロジェクトの作成までをちょろっとメモ。
○必要なもの
・JBoss Tools
Eclipseのプラグイン。この辺からダウンロード。
・Eclipse WTP(Web Tools Platform)
素のEclipseにWeb開発に必要なプラグインとかを色々くっつけたもの?この辺からダウンロード。
自分はWTP 2.0.1とJBoss Tools 2.0.0 CR1を使用。
インストールは解凍するだけなので省略。
日本語化については適当にぐぐってください。
・JBossをインストールしてない場合はそれも当然いれとく。


○使い方
・File -> New -> Project を選択
・ダイアログでWeb -> Dynamic Web Project を選択し Next
・Project nameは適当に。Target RuntimeでNewボタンを押す
・「JBoss」と「JBoss, a division of Red Hat」って2つのフォルダーがあるけど、多分前者はWTPについてる機能で、後者はJBoss Toolsの機能だと思うので、そっちのフォルダーから該当するバージョンを選択。
・Home DirectoryはJBossをインストールしたフォルダを選択。Finishで完了。
・元の画面でさっき作成した新しいTarget Runtimeを選択。
・次の画面でJavaのバージョン等を選択。JSFとかを使いたければ適宜選択。
・次の画面は特に変更せずにFinishで完了
あとは「Java Resources: src」の下に適当にクラスを書いてく。
必要な外部jarファイルは、WebContent/WEB-INF/libに放り込む。
ま、通常のWebアプリと特に変わらず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。