Skip to content

Movable Type 3.2 → 3.31

Movable Type 3.2 → 3.31 published on Movable Type 3.2 → 3.31 へのコメントはまだありません

3.2は(バグ修正後も)再構築の時のメモリ使用量が多かったし、早く新しいバージョンが出て欲しいと思ってたけど、紆余曲折を経てようやくちゃんとしたバージョンがリリースされた。という事でさっそくアップデート。
○環境
OS:Fedora Core 3
Movable Type 3.2-ja-2 → 3.31-ja
1.66?位から使ってるのでアップグレードの繰り返し
○概要
マニュアルを見ると、以前とちょっと手順が違うように思える。
古いファイルはバックアップの上で全部削除するらしい。
とりあえずやった事は1, 2, 3, 4, 6, 7
その後再構築。


○注意点
マニュアルの手順7.で自動的にアップグレードが完了のはずだが、トップページにアクセスしても以下のような画面がでる。
MT-index.PNG
前もこんな経験したなぁと思ってちょっと考えたら、「再構築」が必要な事を思い出した。
自宅サーバーの人はSELinuxではまる人もいるかも。自分も以前ちょっとはまったけどもう慣れた。
○パス
新規インストールの手順を見ると、
・アプリケーション・ディレクトリ
・スタティック・ディレクトリ
・ブログ・ディレクトリ
・データベース・ディレクトリ
を分けるように書いてある。今まではデータベース・ディレクトリ以外は全て一つのフォルダの下にあったので、それを分けるようにした。ただ、アプリケーション・ディレクトリとブログ・ディレクトリは一緒。具体的には以下のような分け方。
[DocumentRoot]/blog
[DocumentRoot]/mt-static
blog-db/
これで殆ど問題なかったけど、CSSや既存のエントリーでは、画像の参照先がhttp://www.kazu.tv/blog/images/ 以下になっていて、これを全て変更するのは面倒だったので、images ディレクトリだけ[DocumentRoot]/blog 以下に置く事にした。
○その他
ソースを直接修正していた所はもう一度修正し直し。
便利に使わせてもらってたmixiSyncは3.3対応するまでもう少しかかりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です