やり場のない


トリノ五輪のスキージャンプで原田選手が規定により失格。
何やってるんだよ!という怒りでもないし、本人のミスなのでかわいそうっていう同情もあまりないし、なんというか残念の一言。
ここ最近調子を上げてきた事は確かだけど、長野やリレハメルの時のようにいい成績を期待されていたわけでもなく、どちらかというと「後進に道を譲れば?」って声もありつつもムードメーカーやその他精神的支柱の役割も期待されての今回の代表入り。そんな中でも、本人は気持ちよくジャンプして終わりたかったんだろうと思う。
94年の失敗ジャンプは98年に取り返したけど、今回は汚名返上の機会がもうなさそうだし、なんとも言えない結末だな。
個人的にも好きな選手で、昔彼の活躍からアイディアを得て短編のムービーを作った事もあるし、応援してたんだけどなー。とにかく残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です