Skip to content

Vagrant 起動時の共有フォルダ周りで Protocol error

Vagrant 起動時の共有フォルダ周りで Protocol error published on Vagrant 起動時の共有フォルダ周りで Protocol error へのコメントはまだありません

症状

vagrant up で起動時に、共有フォルダを設定するところで、以下のようなエラーとなる。

==> default: Mounting shared folders...
default: /vagrant => /Users/kazu/Documents/workspace/foo
Vagrant was unable to mount VirtualBox shared folders. This is usually
because the filesystem "vboxsf" is not available. This filesystem is
made available via the VirtualBox Guest Additions and kernel module.
Please verify that these guest additions are properly installed in the
guest. This is not a bug in Vagrant and is usually caused by a faulty
Vagrant box. For context, the command attempted was:

mount -t vboxsf -o uid=1000,gid=1000 vagrant /vagrant

The error output from the command was:

/sbin/mount.vboxsf: mounting failed with the error: Protocol error

環境

  • Host: Mac
  • Guest: Linux (Ubuntu 14.4)
  • Vagrant 2.2.2

原因と解決方法

エラーメッセージでググると、色々な原因でこのエラーが発生しうるが、自分の場合、`/home/vagrant` 以下に `vagrant` という名前で `/vagrant` へのシンボリックエラーがあったのが原因。

vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64:~$ ls -l /home/vagrant/vagrant
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant 8 Dec 28 15:18 /home/vagrant/vagrant -> /vagrant

このシンボリックリンクを削除して `vagrant reload` で問題は解消した。

Vagrant のこの issue が参考になった。

このエラーがでるその他の可能性

  • VirtualBox Guest Addition が正しくインストールされていない、壊れている
  • 共有フォルダの設定が間違っている
  • などなど

Linuxerの為のFreeBSD入門(1)

Linuxerの為のFreeBSD入門(1) published on Linuxerの為のFreeBSD入門(1) へのコメントはまだありません

訳あって、生まれて初めてFreeBSDをちょっと触ってる。

UNIX系OSはLinux、Solarisあたりはまぁまぁ分かるしそれ以外にもちょこちょこ触ったことはあるけど、一番経験が多いのはLinux(特にRedHat系)なので、他のOSに移ると戸惑うことが多い。

と言うことで、自分のようなLinuxユーザー向けにFreeBSDの基礎的なことを書く。というか単なるメモ書き。

■環境

  • さくらのVPS 512
  • FreeBSD 8.1

Continue reading Linuxerの為のFreeBSD入門(1)

Ubuntu初心者のメモ

Ubuntu初心者のメモ published on Ubuntu初心者のメモ へのコメントはまだありません

最近ちょっとIPv6の実験とかを色々してて、IPv6が使えるVPSを探していた時に、ARP Networksという会社のVPSを薦められた。

大手ではないものの結構しっかりしているらしく、結構売り切れちゃうことが多い模様。自分が契約をしようと思った8/11には売り切れていて、8/25まで待たなければいけなかった。

さて、そこのVPSはメインストリームに媚びないというか何というか、CentOSが選べないので、Ubuntuにしてみた。今までUbuntuを使ったことがないので結構色々な違いがあるんだなぁと日々実感。

以下、RedHat系ユーザーが初めてUbuntuを使った際に気づいた点をメモ書き。

  • useraddはデフォルトだとホームディレクトリを作成しない
  • 同じくuseraddで、デフォルトシェルが/bin/sh
  • デフォルトだとEDITOR=nano。ま、gentooで慣れてるからいいけど。
  • sudo apt-get update , sudo apt-get upgrade

随時追記。

dateコマンド

dateコマンド published on dateコマンド へのコメントはまだありません

最近は仕事でずーっとSolaris環境(Linux環境のプロジェクトもちょっとやってるんだけど)。

シェルスクリプト関係で言うと、Solaris 10ではdfに-hオプションがあったり、8や9に比べると随分便利になってるんだけど、dateコマンドはGNUのdateコマンドになれていると使いにくいの一言に尽きる。

今から30分前の時刻を取得したいとき、GNU dateなら以下のように書けるんだけどなぁ・・・

date -d '30 minutes ago'

今同僚がif分の組み合わせで30分前の時刻を取得する関数を実装してる。自分がやればすぐ終わるけど、勉強のために彼にやらせてるんだけど結構時間かかってるなぁ。こういう細かい事が生産性に影響するんだよなぁ。SolarisにGNU関係のをインストールするって選択肢もあるけど、もう本番稼働してる環境だから、新規ソフトのインストールの手続きが面倒だし・・・

CentOS 5.2でBIND

CentOS 5.2でBIND published on CentOS 5.2でBIND へのコメントはまだありません

自宅ネットワークのIPv6化に取り組んでる。とりあえずpingは通るようになったので、次はローカルネットワーク向けのDNSを立ち上げようとした。AAAAレコードを登録するのがとりあえずの目的。

BINDは以前何度か使った事あるし、すぐ終わるだろうと思ってたけど、結構時間がかかったので一応メモ。

環境

  • CentOS 5.2
  • BIND 9.3.4 (CentOSのrpm)

Continue reading CentOS 5.2でBIND