Skip to content

git show

git show published on git show へのコメントはまだありません

検索するとマニュアルにそれっぽい記述が出てくる。以下、引用。

$ git show v2.6.15:a.txt    # a.txt の過去のバージョンを表示する

いや、そもそもタグ付けしてない限りバージョン番号なんて付いてないんじゃないの?

で、検索して別のページを見つける(→ gitで過去のバージョンを取り出す)。やっぱ、git showでよさそうだけど、バージョン番号はhash値でいいのかな?とかやってみたけどうまく行かない。

[kazu@localhost build]$ git show c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:LiftProject.scala
fatal: ambiguous argument 'c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:LiftProject.
Use '--' to separate paths from revisions

 結論から言うと、git show <リビジョン>:<ファイル名> でOKなんだけど、ファイル名の所は.gitがあるディレクトリからの相対パスを指定しないと行けないみたい。

[kazu@localhost build]$ cd ../../
[kazu@localhost build]$ git show c272cbcd34f34b90bca786e4bffae0889b635a68:project/build/LiftProject.scala

でOKだった。

ENSIMEとScalaのバージョン

ENSIMEとScalaのバージョン published on ENSIMEとScalaのバージョン への2件のコメント

Scalaの開発環境は、今の所sbt + ENSIME。本当はEclipse + Scalaプラグイン + Mavenを使ってみたいんだけど、以下の2つの理由により未使用。

  • Scalaプラグインが不安定らしい
  • Mavenが良く分かってない。

■環境

今はGetting StartedというLiftのチュートリアルみたいなので勉強中というのをブログに書いたばかりだが、動作環境としては以下の通り。

  • Scala 2.7.7
  • Lift 2.0

開発環境は以下の通り。

  • sbt 0.7.4
  • ensime_2.8.0-0.3.0

Continue reading ENSIMEとScalaのバージョン