Skip to content

Movable Type 3.17

Movable Type 3.17 published on Movable Type 3.17 へのコメントはまだありません

Movable Type 3.17にアップグレードした(3.121-jaから)
インストールマニュアルは若干分かりにくいような。一応手順を載せる。
■手順
1.ダウンロード&解凍
2.元のファイルをバックアップ
3.ファイルを上書き
4.*.cgiのパーミッションを755に変更
※注意点
・mt-upgradeXX.cgiの実行は必要なし。
・ブラウザのクッキーは一応削除した方がよい。
・tmplディレクトリ内部のファイルを変更している人は上書き後に再度修正を反映させる必要がある。
■所感
・エントリー投稿時のカテゴリー選択のリストボックスが分かりやすくなった。今まではサブカテゴリも親カテゴリも関係なくカテゴリーID順に並んでいたが、今回のバージョンではサブカテゴリは親カテゴリの下に並ぶようになった。
・いくつかの画面でブラウザのスクロールが出来ず、著しく不便なんですけど、、、
→ 古いcssがキャッシュで残っていたせい?何もせずに直った
・再構築が速くなった気がする

個別アーカイブに同カテゴリの記事一覧

個別アーカイブに同カテゴリの記事一覧 published on 個別アーカイブに同カテゴリの記事一覧 へのコメントはまだありません

久しぶりにMovable Typeのテンプレートをいじってみた。やった事は以下の通り。
1.個別テンプレートの横の方に、同カテゴリの記事一覧を載せる
2.その記事がどのカテゴリの記事なのかを一番上に表示
1.について
MTTagInvokeというプラグインを使った。このくらい標準で出来ないものだろうか?以下に手順を。
ダウンロードして解凍。
– pluginsディレクトリにMTTagInvoke.plを置く。
– 後は個別アーカイブを修正するだけ。(このblogは左側の一覧表示とかは全て<li></li>を使ってるけど、他のサイトの場合は必要に応じて修正する)

<MTTagInvoke tag_name="MTEntries">
<MTTagAttribute name="category"><$MTEntryCategory$></MTTagAttribute>
<MTTagAttribute name="lastn">10</MTTagAttribute>
<MTTagContent>
<li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></li>
</MTTagContent>
</MTTagInvoke>

– 再構築
2.について

<MTEntryCategories glue="/">
<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></a>
</MTEntryCategories>

複数のカテゴリに所属する記事は「/」で結ばれるのかな?このblogにあるエントリは全て一つのカテゴリにしか所属していないので確認出来ず。
・修正した目的
広く浅くの趣味の為、このblogはかなり雑多なカテゴリ構成になっている。何らかの理由でここに飛んできた人にとっては関連する記事がすぐ読めるようになっていた方が好ましいだろう、という事で。
ログとかチェックしてないのでどのくらいの人が見に来ているのかは不明。おそらくごく少数。
参考となったサイト

2005/4/30

2005/4/30 published on 2005/4/30 へのコメントはまだありません

まとめ
・村上龍の小説の英語版が雑誌に載ってた
・フランス語の無料の学校があるらしい
・カナダ人はAnti-Bush、Anti-Americanが多いかも
・Rue du Mont-Royal沿いにお店がそこそこあった(もちろんダウンタウンに比べればかなり少ないけど)
・J’aime la “Passion”!

Continue reading 2005/4/30

コメントつけて下さいよー

コメントつけて下さいよー published on コメントつけて下さいよー への4件のコメント

こないだ、トラックバックスパム対策のためMT-Blacklistをインストールしたが、これを入れてると、誰でもコメントを書ける(TypeKey?が不要な)設定にしていても、コメントが「承認待ち」の状態になってしまうバグがあるらしい。昨日気づいた。
しかしね、コメントを書く人が少ないからあまりバグの影響ないかもー。っていうのもちょいと寂しいので、何かあれば(何もなくても)コメント書いて下さいよ。
で、バグの件だが、修正版は出てるのかな、、、今は忙しいので暇になったら調べてみよう。

トラックバックスパム

トラックバックスパム published on トラックバックスパム へのコメントはまだありません

初体験しました。MT3になってからチェックボックスで一括削除できるし、まぁとりあえず放置、とか思ってたけどあまりに大量に来るのでMT-Blacklistというプラグインを導入。
一応Webで検索するが、やっぱりまずは公式情報を参照しないと、と思ってMT-Blacklist_README.txtというファイルの中身を見てみる。
「MT自体に含まれてるmt-testbg.cgiというスクリプトでバックグラウンドタスクが実行できるか確認せよ」(超訳)と書いてあるが、そんなファイルは存在しない。2.661からのアップグレードだから?まぁ普通バックグラウンドタスクなんて実行できて当たり前だし、次に進む。
「mt.cfgのLaunchBackgroundTasksという設定値を0から1にせよ」(超訳)。そんな項目無いぞ。ムキー!
面倒なんでこのサイトの通りにやってみた。
概ね問題ないが、うちの場合はソースを若干修正する必要があった。21行目のこれをコメントアウト

while ($programpath !~ m|^(?:[a-z]+:)?[/\]?$|) {

かわりに19行目のヤツを有効にする。

while ($programpath !~ m|^[/\]?$|) {

最後に環境を書く。
MovableType 3.121-ja
MT-Blacklist 2.04-beta

カテゴリの階層表示

カテゴリの階層表示 published on カテゴリの階層表示 へのコメントはまだありません

Movable Type 3.1にアップグレードした理由がこれ。
さっそくググって人様のサイトを参考にテンプレートを修正しました。こちらのサイトも、元々は別のサイトを参考にしたそうなのでそちらも見てみる事に。
サブカテゴリがインデント付くだけでもなんとなくいい感じだなぁ、と一人で悦に入ってる。

Movable Type 3.121-ja ← 2.661

Movable Type 3.121-ja ← 2.661 published on Movable Type 3.121-ja ← 2.661 へのコメントはまだありません

アップグレードしました。コメントスパム対策は以前の対策で全然困ってなかったけど、サブカテゴリってのがちょっと便利そうだなぁと思って。
アップグレード手順
1.アップグレード用パッケージを解凍

$ tar zxvf /tmp/MT-3[1].121-upgrade-ja.tar.gz -C work/

早速ここでエラーが、、、

gzip: stdin: decompression OK, trailing garbage ignored
tar: 子プロセスがステータス 2 を返してきました
tar: 処理中にエラーが起きましたが、最後まで処理してからエラー終了させました

無視して次に進む。
2.ファイルのコピー
自分の場合はStaticWebPathは特に設定してないので、全てのファイルを同じ所にコピー。

$ cd work/MT-3.121-upgrade-ja/
$ cp -a * ~/public_html/blog

3.アップグレード用CGIの実行
ここ要注意。2.661 から 3.121-ja にアップグレードする場合は、
mt-upgrade30.cgiを実行したあと、mt-upgrade31.cgiを実行します。とのこと。
最初にアップグレードしようと思い立った時「Movable Type」「アップグレード」の2語で検索したら、「マニュアルに手順が載ってなかった」みたいなページがあった。なので適当なページの記事を参考にしてアップグレードを行ったら、一見うまくいったように見えたが管理画面にログインできなくなった。もうちょい検索したら見つけたページに解決策が書いてあって、さらに読めばマニュアルページにも書いてあるらしい。
やっぱり最初にマニュアルを見るべきだったと反省。
余談だが、アップグレードしてからちょこちょこ設定して再構築するまでのわずか10分くらいの間にコメントスパムが12件も来ていた。なんで現在はとりあえず一時的にコメントは受け付けなくしている。Type Keyだとちょっと敷居が高いと思うので、以前と同じ対策を取る予定。

トラックバック着信→Entryリビルド

トラックバック着信→Entryリビルド published on トラックバック着信→Entryリビルド へのコメントはまだありません

タイトル通りです。
ここを参考に(というかそのまま)やってみました。うちの環境では変更するのは214行目あたりだった。Movable Type 2.661 で。
いまのところトラックバックは来てないようなのであまり意味はない修正だけど。動作確認も面倒だからやってないし、、、

イヤ〜!コメントスパム

イヤ〜!コメントスパム published on イヤ〜!コメントスパム へのコメントはまだありません

コメントスパムがたまに来る。禁止IP設定をちまちまやってたんだけど、付け焼き刃の印象は免れない。
“Movable Type” コメントスパム の2語でグーグルで検索したところ、色々出てきた。とりあえず「すべて英語のコメントは弾く」という方法を採用してみた(参考にしたページ)。
うちの環境だと、このままだと動作しなかったので一部修正。
1行目

#!/usr/bin/perl -w -I/path/to/movabletype/extlib/

use strict なので、errorがでないように条件のところを少し変える。

if(defined($txt) && ($txt !~ m/[x80-xff]/)){

まとめるとこんな感じ。

#!/usr/bin/perl -w -I/path/to/movabletype/extlib/
# Copyright 2001-2004 Six Apart. This code cannot be redistributed without
# permission from www.movabletype.org.
#
# $Id: mt-comments.cgi,v 1.35 2004/05/17 19:51:25 ezra Exp $
use strict;
use CGI qw(:standard);
# 英語だけのコメントは弾きます。
my $txt = param(‘text’);
if(defined($txt) && ($txt !~ m/[x80-xff]/)){
print “Content-Type: text/htmlnn”;
print “An error occurred: $@”;
exit(-1);
};

あと、コメント一覧画面から一括して削除する、というのも良さそうなので採用しよう(参考にしたページ)。ちなみにこのぺーじの作者さん、Perlが全くわからない(全くというのは謙遜だろうけど)らしいのに頑張ったらしい。見習わねば>Perlはそこそこ得意なくせに全くソースを読もうとしない自分