YouTuber とテレビ業界人


自分は YouTube もテレビも暇つぶしに見るけど、そんなにヘビーユーザーというわけでもない。登録している YouTube チャンネルもほとんど無い。ただ、スポーツが好きなこともあって、何かのきっかけで見た「竹原テレビ」はたまに見てる。(とはいえ、最近はネタがマンネリな気がしてあまり見てないけど。)

竹原テレビ – YouTube

竹原TVとマッコイ斉藤

マッコイさん

竹原TVの以前の動画には「マッコイさん」という人がちょくちょく出てた。「マッコイさん」ってのはカメラマンか何かなのかなーくらいに思ってたんだけど、その後、何かのネット記事を読んで、マッコイ斉藤という有名なテレビプロデューサーということを知った。

YouTubeは一人テレビ局−−ヒット請負人「マッコイ斉藤」に聞く人気コンテンツを作る秘訣 | GetNavi web ゲットナビ

けど、今年(2021年)の2月頃に縁が切れて、今はマッコイさん無しで動画を作っているとのこと。

マッコイ時代の竹原TV

後出しなのは承知だけど、マッコイさんがいたときの動画ってやっぱりテレビのノリという感じで、何となく違和感を感じていた。↓こういうのとか、何か茶番というか、あの竹原さんが何やってるんだろってのはちょっと思っていた。そこそこ面白いんだけど。

その後の竹原TV

マッコイさんがいなくなった後は、他の格闘家とのコラボ動画とかスパーリング動画とかがメインになってて、バラエティっぽい動画もあるけど、バラエティ系でも竹原さんの人柄が出るような何かホッコリするものが多い。

前後の動画を何本か見れば違いが何となく分かると思う。

YouTuber Hikakin

つい最近、YouTuber のヒカキンさんのチャンネル登録者数が1000万人を超えたというニュースがあった。彼の名前は当然知ってたけど動画はほとんど見たことが無かったので、何本か見てみた。

正直なところ、見た動画は内容的にはありふれたものでそこまで面白いとは思わなかったけど、演出やリズムとかがテレビと異なっているし、演出や編集の質が高いのは、素人の自分でもすぐ分かった。↓のように、個人的にはあまり興味の無い話題の動画でも、それなりに楽しく見ることが出来た。

染みついたものは消せない。良くも悪くも

マッコイさんは良くも悪くもテレビの人なんだと思う。その道でずっとやってきたプロだし、テレビと YouTube のメディアとしての違いも当然熟知しているはず。それでも、やっぱり(過去の竹原TVに限らず)彼が関わっている動画はテレビっぽさが出てしまう。

もちろん、そうした身に染みついたものというのが個性だと言えるし、それには良い面もあるけど、マッコイさんの YouTube 動画はそれが悪い方に出ているのだと思う。

自分自身、どんどん新しいことに挑戦していこうとは思って日々過ごしているけど、今までやってきたやり方・考え方が出てしまう部分がどうしてもある。竹原TVを見て、改めて今までのやり方を捨てるというのは難しいなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です