NCAA Division I でプレイした日本人


日本生まれの選手では渡邊雄太が5人目

先日、渡邊雄太がトロントラプターズの本契約を勝ち取ったので、ブログを書いた。

渡邊雄太がNBA本契約 – K blog

念のため Wikipedia で経歴をチェックしてみると「日本生まれの選手がNCAA Iの大学でプレーするのは渡邊で5人目」だそう。「NCAA I」とは NCAA Division I (1部)のこと(本投稿では NCAA D1 と表記する)。NCAA D1 でプレイした日本人としては、渡邊、KJ松井くらいはすぐに思いついたけど、他がすぐには思い出せなかった。で、ググってみたものの、なかなかすぐに結論がでずに色々調べる羽目になったので、せっかくなので情報をまとめてみた。

渡邊以前は?

まずは「NCAA Division I 日本人」などで検索して、以下のようなページを見てみた。

ただ、これらのページに書いてある内容が、必ずしも正しくなかったりして困る。

田臥がいたブリガムヤング大学ハワイ校(中退)は、NCAA Division II だし、富樫は高卒。高橋マイケルと桜木JRは日本生まれでは無いし。と書いてみたところで、念のため調べてみたら、高橋マイケルは日本生まれの日本国籍(帰化では無い)で2歳の時アメリカに渡ったのだとか。桜木JRは、アメリカ生まれで帰化したとのこと。「NCAA Iの大学でプレー」なので、オファーはあったもののプレーしていない森下雄一郎は除外。後はエリック・ロバーツ?

その後、以下のページも見つけた。

NCAAディビジョン1バスケットボールにおける日本人選手(Mens) – JOURNEYMAN-ジャーニーマン-

ただ、このページにも誤りが。松島ウォルターブラウンはアメリカ生まれの帰化選手。

松島ウォルターブラウン – Wikipedia

ということで、一旦、渡邊雄太以前は、以下の5名で確定としよう。

  • 高橋マイケル(アメリカ人と日本人のハーフ、日本国籍、東京都生まれ)
  • 松井啓十郎
  • 伊藤大司
  • エリック・ロバーツ(アメリカ人と日本人のハーフ、日本国籍、東京都生まれ)
  • 渡邊雄太

渡邊の後は八村など

ちなみに、渡邊雄太の後にD1 でプレーした日本出身選手は

  • 八村塁(ベナン人と日本人のハーフ、日本国籍、富山県出身)
  • シェーファー・アヴィ幸樹(アメリカ人と日本人のハーフ、日本国籍?、大阪府生まれ)
  • テーブス海(カナダ人と日本人のハーフ、日本国籍、兵庫県出身)
  • 弓波英人

がいる。さらに、来年からは

  • 富永啓生

が加わる。

日本出身でなければ

がいる。

最後に

長い歴史の中でまだ10人ちょっとしかいないというのが NCAA Division I でプレイ経験のある日本人。今後は少しずつ増えていって、NBA にたどり着く選手が増えて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です