Skip to content

Windows (MinGW, MSYS, Python)で快適な開発環境を作る

Windows (MinGW, MSYS, Python)で快適な開発環境を作る published on Windows (MinGW, MSYS, Python)で快適な開発環境を作る へのコメントはまだありません

動機

Windowsでwebアプリとかの開発作業をすることも結構あるんだけど、ツール類はUnix系OKを前提としているものも結構多く、Windowsだと結構不便なことも多い。

最近ではGitを使わない開発というのはあり得ないので、通常はmsysGit (Git for Windows)を入れることと思う。msysGit自体は、Windows上でbashとGitが普通に使えるので便利だが、Git Bashの中でそれ以上の事をやろうと思うと、途端に面倒になる。

自分の例だと、Pythonで動く自動デプロイツールであるFabricを使おうと思ったが、色々と不便な事が発生した。

問題点

fabコマンドが別ウィンドウで立ち上がる

最初は素直に以下の手順で環境を作った。

これで、とりあえずFabricは動くようになるんだけど、fabコマンドを実行すると、Windowsのコマンドプロンプトウィンドウが新たに立ち上がって、そこでFabricが実行され、実行されるとウィンドウが閉じる、という面倒な挙動になった。

とりあえず、

fab > log.txt 2>&1

とか

fab | tee /dev/null

で、出力は確認できるんだけど、やっぱり面倒。

rsync_project が実行出来ない

Fabricにはrsync_projectというタスクがある。これはrsyncコマンドのラッパーなので、rsyncコマンドが使えないといけない。

ちなみに、Windowsでrsyncを使うには、cwRsyncやMSYS、Cygwinなどを使うという方法がある。

Pageantを使いたい

Windowsで開発してる人は、(Cygwin派を除くと)PuTTYを使っている人が殆どだと思う。その場合、当然、ssh-agentの代わりとしてPageantを使っているはずだが、最初からWindowsに対応しているFileZillaWinSCPなどのツール以外だと、Pageantと連携するのは結構面倒。

Continue reading Windows (MinGW, MSYS, Python)で快適な開発環境を作る

バッチファイルでパスに()とか含む時

バッチファイルでパスに()とか含む時 published on バッチファイルでパスに()とか含む時 へのコメントはまだありません

以前、「scala の使い方が誤っています。」というエントリを書いた。バッチファイルの中で扱うパスに括弧が含まれていることに起因する問題だった。64ビットWindowsだと、C:Program Files (x86)ってフォルダがあるので。

で、その時は単純にダブルクォートで囲えばいいやと思って

set FOO="%PATH_X86%foo"

とかやったんだけど、これだとFOOにダブルクォートが含まれてしまう。以下のようにやればOK。結構目から鱗だった。

set "FOO=%PATH_X86%foo"

Continue reading バッチファイルでパスに()とか含む時

Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する

Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する published on Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する へのコメントはまだありません

タイトル通り。シンボリックリンクを含むブランチをWindows上に持ってこようとすると以下のようにエラーになる。

>bzr branch sftp://user@host.example.com/path/to/branch
bzr: ERROR: Unable to create symlink 'foo/link' on this platform

バグレポート(81689)も上がってるけど、Windowsユーザーは少ないのか、直される気配無し。

symfony project:deploy on Windows

symfony project:deploy on Windows published on symfony project:deploy on Windows へのコメントはまだありません

symfonyを使って小さなシステムを作っている。手元のテスト環境(Windows 7, XAMPP)ではとりあえず動くレベルまで来たので、本番環境のLinuxに載せることにした。

symfony project:deploy というコマンドで簡単に本番環境への配備が行えるらしいので、その設定のやりかた。コマンドに関する説明は、本家のチュートリアルページを参照。

■まずは環境

  • サーバー:CentOS 5.5
  • クライアント:XAMPP 1.7.3, Windows 7
  • symfony 1.4.5

 

Continue reading symfony project:deploy on Windows

MinGW上でHyper Estraierのビルド

MinGW上でHyper Estraierのビルド published on MinGW上でHyper Estraierのビルド へのコメントはまだありません

最近ドキュメント検索とかドキュメント管理周りのツールを触る事が多い。そんなわけで、Hyper Estraierも使ってみた。色んな所で使われている通り、非常に優秀なツールだと思う。

今回はそれがメインではなく…Hyper EstraierはWindows版のバイナリも用意されているが、最新のソースが1.4.13なのに対し、最新のWindows版バイナリは1.4.10が最新。

ということで、1.4.13のバイナリ作成にチャレンジ。

Continue reading MinGW上でHyper Estraierのビルド

IPv6

IPv6 published on IPv6 へのコメントはまだありません

ずっと前から興味のあったIPv6を実験してみる事にした。

○初期設定

Windows XPでは

  1. 「マイ ネットワーク」を右クリック→「プロパティ」
  2. ネットワークアダプタを右クリック→「プロパティ」
  3. 「全般」タブで「インストール」ボタンをクリック
  4. 「プロトコル」を選択し「追加」
  5. Microsoft TCP/IP version 6を選択して「OK」をクリック

コマンドプロンプトでipv6 installとやってもok。てか、こっちの方が楽か。

Vistaでは最初からIPv6が有効になってるので特に何もする必要は無し。

Continue reading IPv6