Skip to content
コイン

[書評] 新 賢明なる投資家

[書評] 新 賢明なる投資家 published on [書評] 新 賢明なる投資家 へのコメントはまだありません

概要

「賢明なる投資家」は、「投機」でなく「投資」のバイブル的書籍。現代における投資の神様的存在のウォーレン・バフェットも、本書を絶賛してるらしい。

1949年に初版が出て、1973年(?)に第4版が出たが、それに現代の状況に合わせた「注解」を加えて2003年に発行されたもの。日本語版は2005年出版。

随分前に買ったのに、数年間本棚に眠っていたのを、ようやく読んだ。もっと早く読んでおけば良かった。

自分なりに簡単にまとめる

本書の教えを、日本の現在の状況に合わせて勝手に解釈して3行にまとめると、以下の通りかと。

  • 「積極的投資家」と「防衛的投資家」とは、取れるリスクの違いではなく、かける時間の違い
  • 大多数の人が当てはまるであろう「防衛的投資家」は、株式インデックスファンド:債権インデックスファンド=1:1の割合で定額積立すべし(iDeCo や NISA を活用)
  • 相場(Mr. Market)に惑わされるな

感想等

歴史の重み

内容は素晴らしいに尽きる。彼の理論は、長い年月を経て正しいことが実証されている。「長い年月」には、大恐慌や、本書発行後のインターネット・バブルなども含まれる。大抵の「理論」は、過去10〜20年たまたま上手くいっただけの手法を、真理かのごとく喧伝しているのがほとんどだが、本書にかかれている内容の正しさは歴史が証明済みで、重みがある。

注解が助かる

ベンジャミン・グレアムによる原文が書かれたのは1973年だが、40年以上前なので、当然状況が現在と異なる。また、一読しただけだと内容が分からない文も結構あった。各章の後ろについている、ジェイソン・ツバイクによる詳細な注解は、当時の状況と現在の状況の違いや、分かりにくい部分の解説などもあって、個人的には助かった。

アメリカと日本で異なる

とは言え、注解もアメリカでの話なので、日本の状況に置き換えて理解するには、最低限の経済・金融商品の知識が必要だと感じた。

自分自身も専門家ではないが、書籍等でごく基礎的な知識は持っているつもりなので、ある程度は理解出来た(と思っている)。

本書が難しすぎると感じた人は、ページ末尾の本をお勧めする。

もっと若いうちに読んでおけば良かった

読んだ感想で一番大きいのは、もっと若いうちに読んで、定年後の生活費や子供の将来の学費などのために、賢く資産形成をしておくべきだと思った。

ということで、このページを読んだ若い方は、是非本書を購入して読んで欲しい。

個人的まとめの補足

債権

日本では、個人投資家が債権に投資する選択肢としては、実質的には

  • 個人向け国債
  • 債権ファンド(ETF 含む)

くらいしか無いと思う。

時間をかけたくない「防衛的投資家」にとっては

  • 分散投資という観点では、債権ファンドが良い
  • 手数料を考えるとインデックスファンドが良い
  • ドルコスト平均法で時間軸で分散投資するためには、積立型が良い

ということで、債券インデックスファンドへの積立が良いかと。

(誤りのご指摘等があれば、是非お願いします。)

株式

株式も債権と同様の理由で、株式インデックスファンドへの積立(TOPIX連動型とか)が良いと思う。

国内、海外先進国、エマージング等は、個人の好みで適当な割合でどうぞ。

税金

投資で無視できないのが、税金(と手数料)。

所得控除され、運用益も非課税の iDeCo は最強。年数が決まってるけど運用益が非課税の NISA も使うべき。

ただ、iDeCo は、60才まで下ろせない点だけは要注意。

基礎的知識を得るための書籍

本書は、読み進めるにはある程度基本的な知識が必要だと思う。それがない人向けに、(個人的に良かったと思う)入門書を何冊か挙げておく。

と思ったけど、別エントリーとして書く予定。

[書評] SPRINT 最速仕事術

[書評] SPRINT 最速仕事術 published on [書評] SPRINT 最速仕事術 へのコメントはまだありません

おおまかにどんな本か

Sprint とはGoogle Venturesで使われているプロトタイピング、課題検証のための方法で、それを説明したのが本書。

日本語のサブタイトルが「最速仕事術」なのは分かりにくい。英語の Sprint: How to Solve Big Problems and Test New Ideas in Just Five Days の方がそのままズバリでわかりやすい。

主な対象読者は、新規事業をやっている人だろうけど、それ以外の人にも参考になる部分がありそう。

内容

月〜金までの1週間で、目標設定、アイディア出し、テストする案の決定、プロトタイプ作成、ユーザーテストまでを行う。

  • 月曜:長期目標の決定、課題のマップ作成
  • 火曜:ソリューションを各自で考える
  • 水曜:ベストな案を決定し、ストーリーボードを作成
  • 木曜:プロトタイプの作成
  • 金曜:ユーザーテスト、インタビュー

事前準備のプロセスもあるので、実際には5日+αがかかるが、それくらいの短期間でアイディアを試して、実際にその方向で進めるか、やめるかを決定する。みたいな感じ。

火曜は、「TUESDAY: 思考を発散させる」という見出しがついていて、ブレインストーミングとかを思い出す人もいるかと思うけど、本書では「はじめに」の一番最初、そして火曜日の章でも、ブレインストーミングを否定している。

月〜金曜日のすべてのプロセスについて、細かい手順について説明されているので、可能であれば最初はするのが良さそう。

思ったこと

Lean Startup とかで、仮説検証のサイクルを短くすることの重要性は一般に認知されてきたと思うけど、それを極限まで効率化した方法で、有用そうだなと思った。

じゃ、まずはそのまま実践しよう、となるかというと、なかなか難しいと思った。個人的な事情で言うと、本書はある程度の人的・資金的リソースがあることが前提となっているので、個人事業主だったり零細企業だとそのまま実践するのが難しいと感じた。ただ、出来るところから取り入れていけばいいし、実際にいくつか取り入れてみたところ、それなりに効果は出ているように感じた。

なお、月〜金曜日の各手順は、いろいろ試行錯誤したうえで出てきたベストプラクティスと思われる。他の本などで書かれている内容をもう少し洗練させた方法だったり、そういうのが結構たくさんある。個人的には、木・金の内容は、比較的既視感があった一方、月〜水の内容は色々と新しい発見があった。

全般的に良い本だと思うし、おすすめできる。

[書評]ビジネスモデル・ナビゲーター

[書評]ビジネスモデル・ナビゲーター published on [書評]ビジネスモデル・ナビゲーター へのコメントはまだありません

久々の書評。

プログラマー向けに簡単に説明すると、ビジネスモデル版デザインパターン。

それだけだとあんまりなので、もう少し詳しく書く。知ってる人にとっては当たり前なんだけど、イノベーションが全く新規のアイディアであるってのはかなりのレアケースで、実際には既存の考え方の組み合わせだったりすることがかなり多い。本書では、成功企業のビジネスモデルを55種類のパターンとして分類している。

イノベーションを科学的に考えるというのは、関わっているチームゼロイチでもやっていることなので、興味深く読んだ。

PART 1 で、これらのパターンを使ってどうやってビジネスモデルを変革していくかの方法について述べていて、PART 2で実際の55パターンを説明している。

55のパターンは、知っているものも多いけど、説明されてあーなるほどってのもあったり、Pay Per Use と Performance-based Contracting のように、同じだと思っていたのに本質的には違っていたり、というのがあったり、新たな発見は結構ある。

最初に「ビジネスモデル版デザインパターン」って書いたけど、プログラムのデザインパターンと同じで、知っているだけだと意味は無くて、実践を通じて理解を深めていく必要があるのかな、という気がしている。

ということで、「あ、このパターンは使えるかも」ってのは、早速自分の仕事にも取り入れている。さて、結果はどうでるか。