Skip to content

ビザ

ビザ published on ビザ へのコメントはまだありません

■ワーキングホリデー
・申請書類
在日カナダ商工会議所(CCCJ)のWebページから申請書(PDF)をダウンロードして記入。
申請書類は以下の通り。詳しくは先ほどのページを参照。

  • 写真付の申請書
  • パスポートの写真のページのコピー
  • 航空券の予約確認書とかのコピー
  • 返信用の封筒

記述すべき事はあまり多くないので、そんなに迷わないと思います。
・その他用意するもの
往復航空券を持っているか(高いけど1年オープンが安心)、あるいは帰りの旅費を持っている必要があります。また、当面の生活費なども持っている必要があります。
目安として最低50万円位が銀行口座に入っている必要があるそうなので、出発までに英語で銀行の残高証明を作ってもらいましょう。
ちなみに自分の場合は税関で残高証明を見せるように言われませんでした。担当の係官によって対応は結構違うようです。知り合い(オーストラリアへのワーホリでしたが)はスーツを着ていった所、かなり丁寧な扱いを受けたそうなので、小綺麗な格好をしておくに超した事はなさそうです。
・申請の注意点
毎年10月くらいに翌年の分の受付が始まって、早いと翌3月、遅くても6月位には定員の5000名に達してしまうので、早い時期に申し込みした方がいいと思います。
申請時では日本にいる必要があるのですが申請後は旅行に行ってもいいので、自分の場合は4月末にワーホリの申請をしてすぐカナダに出発し、ビジターとして入国。住む所と英語の学校を決めてしばらく生活。6月中旬くらいにワーホリの許可が下りたので(落ちる事はまず無いと思いますが)、7月中旬に日本に戻ってビザを取ってから再度カナダに入国、という感じでした。
日本ワーキングホリデー協会のサイト
■学生ビザ
私は経験してないので分からず。知り合いに聞いてまとめる予定。
■就労許可証(ワークパーミット、Work Permit)
○基本
基本的な流れとしては
1.企業から仕事のオファーをもらう。
2.企業がHRSDCから「雇用確認(confirmation letter)」をもらう。
3.企業 or 本人がCICに就労許可証を申請する。
・HRSDC confirmation
日本人は向こうでは「外国人」です。ある企業が外国人を雇うためには、その企業がHRSDCという所に外国人を雇いたい旨の申請を行う必要があります。その申請で、なぜカナダ人ではダメでその人を雇うのか?などを説明する必要があります。
その企業が、HRSDCから「雇用確認(Confirmation)」をもらったら、CICに対して就労許可証の申請を行う事が出来ます。逆に言うと、これがないと企業はその人を雇う事が出来ません。
外国人を雇う事になれている企業の場合、この辺の事情も知っていますが、一般の企業の場合は採用担当者がこの辺の事を全く知らないという事もよくあります。なので、事前に「私を雇う場合にはこういう手続きが必要で」というような説明をしておいた方が良いと思います。
○例外
・HRSDC confirmationが必要ない職種
企業側の需要が高い等の特別な理由のあるいくつかの職種の場合、企業が外国人を雇う場合でもHRSDC confirmationが必要ありません。
詳しくはこのページを。
・ケベック
ケベック州では何かにつけてシステムが他の州と異なります。就労許可証の他にCAQが必要です。詳しくは
この辺から辿って見て下さい。
○自分の場合
IT Specialistという事で、HRSDC confirmationは必要ありませんでした。
IT技術者の場合の一般的なプロセスの説明はここ(採用側の企業向けの情報だけど、役に立ちます)。
IT技術者の特例が適用されるのは以下の職種。このページより抜粋。
・Senior animation effects editors
・Embedded systems software designers
・MIS software designers
・Multimedia software developers
・Software developers – services
・Software products developers
・Telecommunications software designers
詳細な条件についてはこちら
就労許可証の取得の大まかな流れ
1.CAQの取得
以下の書類と一緒にCAQの申請用紙を提出
– Job offerの書面(仕事内容、金額、)
– CV(履歴書・職務経歴書)
– 手数料(自分の場合はカード払いにしたのでカード番号とかを記載)
2.就労許可証の取得
国境(陸路 or 空港)でCAQとJob offer(と当然パスポートも)を提示し、手数料を払えばOKでした。※1
○ワーホリからの切り替え
・ワーホリの就労許可証はEmployerがOpen
ワーホリは正式にはCanada/Japan Working Holiday Programという名前で、EmployerがOpenの就労許可証がもらえる制度。
これだけだと何の事か分からないと思うのでもう少し説明します。通常の就労許可証の場合、Employerという項目に自分の雇用主つまり勤めている会社が記入されますが、ワーホリでもらえる就労許可証はそこの項目にOpenと記載されています。通常の就労許可証の場合は会社を移ったりする場合には変更の申請をしなければいけないのですが、Openタイプの場合はその就労許可証で殆どの仕事に就く事が出来ます。また、別の会社に移る時にも変更などは必要ありません。
・切り替え
ですが、ワーホリは(通常の就労許可証もそうですが)有効期限が1年なので、その間に仕事が決まってその後も残りたい場合には通常の(Openではない)就労許可証に切り替える必要があります。
詳しくは以下のページで。
Application to Change Conditions or Extend Your Stay in Canada as a Worker
※1(リニューアル前の)ケベックのページでは大使館か国境で取得できると書いてあったのですが、日本のカナダ大使館に行った所「それは間違った情報です」とにべもなく断られました。
その後その女性職員(日本人)はカウンターから離れて元の仕事に戻って行きました。カナダならともかく日本でそういう冷たい対応をされるとは思ってなかったので、その時はかなり頭に来ました…

NP_ExtraSkinJP

NP_ExtraSkinJP published on NP_ExtraSkinJP へのコメントはまだありません

メモ。
これは便利なプラグイン。サイト構築の自由度が増す。blogサイトを作ってると、お知らせページやサイト管理者向けのメール送信フォームや、はたまた掲示板などを作りたくなると思うけど、そうした事を可能にするプラグイン。
要はblogの形式にとらわれないページを作成可能なんだけど、そのページの中でNucleusのスキン変数などが使えるってのがポイント。
これを使おうと思ったきっかけはNP_MyGoogleMapsを導入している時に、現在登録してある位置情報一覧はスキンの中でしか使えないのが判明した時。やりたかった事はブログの記事で、
「現在以下の位置情報が使えます。<%MyGoogleMaps(list,new,0)%>」
というのを記述したかったんだけど、エントリ内からはこの機能を呼び出せない。でも、スキンの中に記述するわけにも行かないし、、、と思った。
詳しい解説はこの辺のページを。
作者の解説ページ
各種プラグインを紹介するサイトのページ

NP_ShowBlogsのパラメータ

NP_ShowBlogsのパラメータ published on NP_ShowBlogsのパラメータ へのコメントはまだありません

ブログの記事を表示する標準機能を置き換えるプラグイン。複数blogなどに対応している。
オプションの説明が中々見付からなかったので、メモ。(正確には派生版のNP_ShowBlogsByDateのオプション説明だけど)
http://reverb.jp/vivian/download.php?itemid=NP_ShowBlogsByDate#arcnavi
http://www.ppnr-g.com/nc/index.php?itemid=372

NP_LatestWritebacks

NP_LatestWritebacks published on NP_LatestWritebacks へのコメントはまだありません

NucleusはMTで基本機能となっているのの多くはプラグインになっている。
最近のコメント、最近のトラックバックの一覧表示もプラグインを入れないとダメなのでいれてNP_LatestWritebacksを入れてみた。ダウンロードはフォーラムにあるのが常に最新版なのかな?今は0.9が最新のようで、0.91だか1.0がもうすぐ出るらしい。
使い方は簡単。テンプレートとかに以下のように書くだけ。

<%LatestWritebacks(10,current,c)%>

第一引数:表示する件数
第二引数:current→現在のブログ、空欄→全てのブログ。その他のオプションはフォーラムやヘルプ(あるのか?)を参考に。
第三引数:c→コメント、t→トラックバック、空欄→コメントとトラックバックが一緒に表示される
通常、トラックバックとコメントの一覧を一緒に表示したい人はあまりいないと思うので、第三引数は必ず指定すべし。第二引数は複数blogを運営している人に関係のあるオプション。
このサイトによると、まみおさんという方が作ったver0.8を、藤咲さんという方が改造して0.9にしたそう。ありがたく使わせてもらってます。

NP_ShowBlogs

NP_ShowBlogs published on NP_ShowBlogs へのコメントはまだありません

○まえふり
友人数人で使うためのblogサイトを構築中。
・複数のblogを作れて1人が1つのblogを持つ。
・トップページには各blogの新着記事をまとめて載せる。
って感じにしたい。
とりあえずなるべく自分でやりつつ、分からなかったら師匠に聞きながらやる。
以下本題
○インストール
師匠に勧められるままにNP_ShowBlogsを使う事にした。ここからダウンロードした。なんかいろんなバージョンがあって探すのにちょっとだけ苦労した。
インストールはnucleus/plugins/フォルダにファイルをアップロードして、「プラグイン管理」から「新しいプラグインをインストール」するだけ。
○設定
こっから先が分からなかったので師匠の助けを借りた。
・全体ブログ用のスキン作成
管理画面>スキンの編集 からスキンの複製をする。それが全体ブログ用のスキンになる。
うちの場合、GrimmというスキンをコピーしてGrimmGlobalという名前にした。
・メインの目次ページを修正
さっき作ったスキン(GrimmGlobal)の「メインの目次ページ」で
<%blog(default/index,10)%>
とかなっている所を
<%ShowBlogs(default,15)%>
とかに変更。ちなみにうちの場合は、デフォルトスキンではないので以下のような感じにした。
<%ShowBlogs(grimm/short,15)%>
ShowBlogsのパラメータはこのページを参考にした。
もっと新しい情報を教えてもらった。
・その他のファイルも複製
スキン、テンプレート以外のファイルを直接いじりたい事があったので、その他のファイルもコピーしてGrimmGlobalはこっちのファイルを使うように設定した。

$ cp -R skins/grimm skins/grimm-g

・スキンの適用
後は全体用のblogに先ほどのスキンを適用。
○最後
師匠ありがとう。
まだまだやる事たくさんあるけど、、、

3.22にアップグレード

3.22にアップグレード published on 3.22にアップグレード への2件のコメント

3.21 → 3.22にアップグレード。
本家のアップグレードマニュアルを見ると、3.21から3.22へはファイルを更新するだけでOKっぽい事が書いてあるけど、以下のURLにアクセスしてみたら、データベースのアップグレードを促された。
http://xxx.example.com/nucleus/upgrades/index.php
データベースのアップグレードは問題なく終わった。けど、本体を改造していた所をまた修正し直さないと、、、

NP_TrackBack

NP_TrackBack published on NP_TrackBack へのコメントはまだありません

Nucleusはトラックバックもプラグインで実装してる。これを柔軟性と見るか不便と見るかは人によって意見の分かれる所だろうけど、自分にとっては不便だと感じた。
何はともあれトラックバックの出来ないblogサイトというのもあり得ないので(超有名人のblogサイトならともかく。というか、それはblogではなく単なる日記だけど)、NP_Trackbackプラグインを入れてみた。
○ダウンロード・インストール
使っている人が多いだけあって、いろんなバージョン・改良版が存在する模様。これはNP_TrackBackに限らずNucleusのプラグインによくあるっぽい。NP_TrackBackでググれば以下のがすぐ見付かるはず。
・日本語安定版
NP_TrackBack バージョン1.23bj7
ちなみに上のページにはプラグインの説明はなく、ページ内にスキン、テンプレートにTrackBack関連のコードを追加する詳細はこちらという感じで以下のURLへのリンクが書いてあるけど、そのURLのページは既に削除されている模様。
http://feles.jp/item/61
なので、設定はフォーラムの記事が参考になると思う。なお、否定的な意見で申し訳ないけど、日本語が若干分かりにくい。
・開発版
NP_TrackBackの進捗 というページからダウンロード可能。
最初、安定版を入れてみたんだけどよく分からなかったので、どうせ分からないなら新しいのにしようと思って開発版にアップグレードした。
○設定
前述のフォーラムのページ、今は半分位意味が分かったけど、やっぱり初めての人にはちょっとわかりにくいような気がする。あと、Nucleus本体のバージョンによってテンプレートの内容が結構違うので、それも混乱した原因かも。
という事で環境
Nucleus CMS v3.21 (3.22にアップデートしたい)
NP_TrackBack ver. 2.0.1 jp
・テンプレートの編集
default/item → アイテムの本体
前述のフォーラムの記事通り、末尾に以下を追加。

<div class=”iteminfo”>
<%time%> –
<a href=”<%authorlink%>”><%author%></a> –
<%edit%>
<%comments%> –
<a href=”<%itemlink%>#trackback”>
<%TrackBack(count)%></a>
</div>

・スキンの編集
defaultスキン → 個別アイテムページ
フォーラムの記事と若干違う。

<div class=”content”>
<div class=”contenttitle”>
<h2>Add Comment</h2>
</div>
<%commentform%>
</div>

の下に以下を追加。

<div class=”content”>
<div class=”contenttitle”>
<h2>TrackBack</h2>
</div>
<a name=”trackback” id=”trackback”></a>
<%TrackBack(list,limit5)%>
</div>

他にも色々便利なタグがあるみたいだけど、とりあえず基本機能でいいや。
○その他
・<%TrackBack(tburl)%> のバグ
複数の方が指摘しているように、現状ではajax周りでバグがあるとの事。先ほどのNP_TrackBackの進捗のコメント欄にlimitというキーワードを使用した回避方法が載っている。
とりあえず細かい問題はあるもののようやくトラックバックの送受信が出来るようになった。

NP_CreateAccount

NP_CreateAccount published on NP_CreateAccount へのコメントはまだありません

○概要
作っているサイトは複数人での使用が前提だったので、ユーザー管理を楽に行いたい。
で、色々検索してそれっぽいプラグインを見つけたのでそれを改造して使おうとか考えつつさらに検索してみたら、そのままズバリ求めている機能を持ったプラグインを発見。それがNP_CreateAccount
どんなプラグインかは作者さんのページに書いてあるので省略する。良くできたプラグインで、そのままで殆ど手を付ける必要はなかったけど、若干修正したのでそのメモ。
○修正の内容
各ユーザー毎のindex.phpを作成している所を以下のように修正。

$url = “ftp://$ftp_user:$ftp_pass@$ftp_server/$ftp_folder/$shortname/index.php”;
$fp = @fopen($url, “w”) or die(“n index.php cannot be created!!”);

Fancy URLを使っている人はそのあたりも同様に修正。
○修正の詳細
このプラグインは、新しいユーザーを作る時に以下の事をする。
・blogのルートディレクトリの下にユーザー名で新しいディレクトリを作成する
・ユーザー名と同名のblogを作成する
blogのルートディレクトリが/home/foo/public_html/だとしたら、/home/foo/public_html/bloguser/というディレクトリを作る。問題になるのはホスティングサーバーとかだとPHPのセーフモードがオンになっているので、所有者がfooであるディレクトリ/home/user/public_html/にapacheのユーザー(環境によって違うが一般的にはnobody、http、www、apacheなど)がファイルを書き込む事は出来ない。
それに対して(かどうかはちょっと不明)、NP_CreateAccoutではPHPからFTP関数を使ってユーザーfooの権限で接続しディレクトリを作成している。けど、そのディレクトリの下に書き込むファイルは通常のfopen関数を使って開いているのでapacheのユーザーで作成される。そうするとファイルは作成されても、そのファイル(PHPスクリプト)から設定ファイルなどの他のファイルを読み込む事はできない。
という事で上記の修正をして、ファイルもFTP経由で書き込むようにして権限の問題を回避。fopenその他の関数では、Ver. 4.0.3以降でallow_url_fopenというのが追加されてて、これがtrueになってるとfopenの引数にhttp://www.example.com/とかftp://user@pass:localhost/dir/filenameなどを指定できるようになった。
ちなみにVer 5以降ではmkdir関数でも同様の事が出来るようになったらしい。そうするとftp_connectとかが完全に要らなくなる。
PHP5が使えて安いホスティングないかな、、、

Nucleus使ってみる

Nucleus使ってみる published on Nucleus使ってみる へのコメントはまだありません

このサイトはMovable Typeを使ってるけど、今構築中のサイトは友人yuさんのすすめでNucleusを使ってる。ライセンス的な理由も大きいんだけど。
○第一印象などをつらつらと
・インストールは楽
特にはまりポイントは無し
・ちょっととっつきにくい
いきなり否定的な意見だけど、管理画面とかがいまいちこなれてない。慣れてくればそんなに不便ではないんだけど、初めて使う人は戸惑うような気がした。
・プラグインが豊富
MTもいろいろプラグインはあるけど、Nucleusの方が豊富な気がした。というか、基本機能はシンプルすぎてプラグインをいくつか入れないと普通のblogサイトにならない、という側面もあると思うけど。これは設計のポリシーなんだと思う。
プラグインの名前は全部NP_XXXって名前なので、なんとなく分かりやすい。検索しやすいし。
・コミュニティがしっかりしてる
MTの情報って色々分散してるけど、Nucleusの場合日本語フォーラムが充実していて、とりあえずはそこにいけば何かの手がかりが得られるってのは随分大きいと思う。
○技術的に
・MTはPerlなのに対してNucleusはPHP
通常はどっちでも意識する事無いと思うけど、今構築中のサイトはホスティングサーバーで動いているので当然phpのsafe_modeがオン。PHPだとWebサーバーの権限で動くからローカルファイルの読み書きにかなり制限がある。CGIの場合suEXECで動いていれば問題ないと思うけど。
・DBのサポートはNucleusの方が上では?
MTの昔のバージョンはDBを使うのがかなり面倒だった気がする。移行するのも然り。最近はかなり便利になったっぽいので、MTのデータをこないだSQLiteに移行しようと思ったけど、コンバータによって生成された移行データがおかしかったので元に戻した。
○まとめ
とりあえず最初の壁を越えれば結構便利なCMSだと思う。