Skip to content

和製英語

和製英語 published on 和製英語 へのコメントはまだありません

Livedoor経由でこんな記事を見つけた。
個人的には和製英語を完全に否定するつもりはなく、場合によってはあっても良いんだろうけど、上の記事にあるように車関係の単語(ハンドル、フロントミラーetc.)は殆ど英語では通じなくて、しかもわざわざ英語風の別の単語を使う意味が全く分からない。
「ハンドル」じゃなくて「ステアリング・ホイール」か、それを省略してせめて「ステアリング」だったら、You mean steering wheel? とかなってそれでOKな気がするんだけどなぁ。

IT技術者向けオンライン英会話2

IT技術者向けオンライン英会話2 published on IT技術者向けオンライン英会話2 へのコメントはまだありません

前回に同様のエントリを書いてから約半年も経ってしまった。
ようやくシステムにも使える目処が付いて、英語教師もとりあえずは十分な人数を確保した。
こないだの金曜日に、知り合いに対してオンライン英会話のレッスンのデモを行った。というか、自分自身もそのシステムを使うのは初めて。結構不安だったんだけど、音声の質は結構クリアで実用に十分耐えられると分かって安心。
現在はサーバーがアメリカにあるので、ほんの少しタイムラグがあるのが今のところ唯一の技術的な問題点だと思う。その他、日本語ページがまだ作りかけとかって言う問題もあるけど、その辺は人を投入すれば解決する問題なのでそれほど心配はしていない。
教師の英語の質に関してだけど、その金曜日にデモをしてくれた先生は英語の発音は完璧に近く、以前の仕事で日本人や韓国人に教えていた経験があるので、初心者レベルの生徒の先生には最適だと思う。
中〜上級者向けには、IT系の大学を卒業した教師を割り当てようと思う。

Continue reading IT技術者向けオンライン英会話2

英語を話したがる人

英語を話したがる人 published on 英語を話したがる人 へのコメントはまだありません

今日、カナダ時代に知り合って今は日本で英語の先生をしている友達とチャットをしていた。
その子曰く、日本人と友達になろうとしても、単に英語の練習をしたいだけの人とかが多くて、時にうんざりする、とのこと。その子は結構日本語も上手で、大抵の日本人とは日本語で話した方が意思疎通が上手く行く。でも、英語の勉強をしたいが為に彼女と英語で会話をする人が結構いるんだよね。
考えてみれば自分にも昔そう言う面がなきにしもあらずだったなぁと思うと少し反省。英語を勉強したいんならお金とか払って先生とかチューターとかを雇えばいいんだよね。
日本にいる英語教師だってプライベートの時間は自分の時間を楽しみたいと思うけど、そんな時に、無料で英語の練習をしたい日本人からへたくそな英語で話しかけられたら辟易するのも分かる。言葉って言うのはコミュニケーションのツールなんだし、相手と一番コミュニケーションが取りやすい言語を使うのが一番だね。

Do you like crab?

Do you like crab? published on Do you like crab? へのコメントはまだありません

こないだカナダ人2人と新宿の歌舞伎町の辺りを歩いていた。かに道楽の看板が見えたので「Do you like crabs?」って聞いたら、カニは確かにcountableだけど、こういう場合は普通「Do you like crab?」って言うんだとさ。
理由は「crabには別の意味があって、複数形だとそっちの方を思い浮かべてしまうから」とのこと。陰毛とかに寄生して非常に痒いって言ってたから「lice?」って聞いたらちょっと違うってような事言ってたけど、今辞書を調べてみたらケジラミだって。
日本人はlとrの発音がごっちゃになる人が割と居て、「We eat lice.」なんていう使い古されたジョークみたいなのがあるけど、「Do you like crabs?」もそれに近いものがあるなぁ・・・

時制の一致の例外

時制の一致の例外 published on 時制の一致の例外 へのコメントはまだありません

半分自分用メモ。

英語で話していると時制の一致をしない事がある事に気づく。むかーし学校で習ったときに地球は太陽の周りを回っているとかの「不変の真理」は時制の一致が適用されないってのは覚えていたけど、それ以外にもあったかも、と言う事で少し調べてみた。

「時制の一致 例外」で検索するといっぱいページが出てきた。

とりあえず時制の一致の例外の基本としては、このページに書いてある5つ。

  1. 絶対的真理
  2. 歴史的事実
  3. 仮定法の文章
  4. 現在の事実
  5. 現在の習慣

でもそれ以外にも時制の一致をしない事があるような気がするなぁと思って、もう少し調べてみたら、こんなページが。

“Yuka said she will come later.”

主節が過去形の場合でも、文章を作る時点でまだ起こっていない動作を表す節は、未来形になるんです。

だそうです。

後は、このページとかで、新聞とかTVニュースとかで臨場感を出すために時制の一致をさせない例もいくつか見た。

このページでは以下のような事が書いてあった。

現在の習慣とか、習慣というほどでなくても、今も当てはまることは時制の一致を起こさないことがある。

英文法には結構強い方って思ってたんだけど、改めて勉強してみると難しいなぁ。

Simple is Best

Simple is Best published on Simple is Best へのコメントはまだありません

結構前のZDNetの記事で、簡素な英語表現で力強いメッセージを伝えよう、みたいな趣旨のがあって、具体的に冗長な英文を10パターン挙げて、それに対する改善案も挙げている(これ)。

言語は違っても、ビジネスとかの文章は回りくどい言い方はしないってのは基本なんだなぁと思った。自分はそもそも回りくどい言い方が出来るほど語彙力はないんだけど・・・

簡単な単語の発音

簡単な単語の発音 published on 簡単な単語の発音 へのコメントはまだありません

今さらという気もするけど、最近英語の発音をもう少し向上させたいと思って少し勉強してる。

結構簡単な単語でも発音を間違ってるのをたまに耳にする事があって、例えばmoneyってカタカナ英語で「マネー」だからそう発音する人が多いけど、実際はカタカナで書くと「マニー」っていう発音の方が正しい。

で、似たような感じで自分が間違えて覚えていた発音の単語があった。それはhalf。カタカナでは「ハーフ」だけど、辞書で発音記号を調べたら[haef]だった。母音がアとエの中間の音。自分はカタカナ表記に引きずられて[ha:f]かと思ってた。

まだまだ勉強が足りないなぁ。

IT技術者向けオンライン英会話

IT技術者向けオンライン英会話 published on IT技術者向けオンライン英会話 へのコメントはまだありません

カナダ時代に勤めていた会社とオンライン英会話のサービスを企画している。

システムのデモ版みたいなのもそろそろ公開できるレベルになっていて、今はWebサイトや課金の仕組み、教材などを整備している段階。

単なるオンライン英会話なら他に沢山あるので、自分たちの強みであるITを活かして、IT企業、IT技術者向けのプログラムを揃えていこうと思っている。今のところ英語教師を数人雇ったんだけど、そのうちの何人かはITのバックグラウンドがある人。

これはインターンシッププログラムを企画したときと同様の狙いだけど、技術情報は英語ものもの方が量が多く新しいので、技術者は最低でも英語が読めないと技術の習得スピードに差が出るので、IT技術者にとって英語というのは他の分野以上に必要とされていると思う。

読めれば良いだけかというと実際はそうではなく、最近はコスト減の圧力から上流工程以外やその会社のコア技術以外は海外にアウトソースするケースが増えてきている。日本のIT関連のオフショア先というと今までは日本語が話せる技術者が多いという理由(+地理的に近い)で中国が多かったんだけど、最近の中国の賃金上昇により、更に安い国にシフトしている。で、そうした国の人達とやりとりするのは英語が主流。

というわけで、これからのIT技術者は最低英語の読み書き、出来れば会話も出来るのが望ましいと思うので、IT技術者・企業向け英会話、あるいは広い意味での英語教育の需要も高まってくるんじゃないかと思ってる。

TOEICと実際の英語レベル

TOEICと実際の英語レベル published on TOEICと実際の英語レベル へのコメントはまだありません

昨日同じプロジェクトの人と英語の話になった。
その人が所属する会社では課長クラスになるためにはTOEICで500点弱(具体的な数字を書くと会社名が分かっちゃいそうなので)を取る必要があるらしい。
「TOEIC470点だと何とか単独で海外渡航が出来るレベルだとか何とか」ってその人が話していた。確かTOEICを主催してる団体の説明というかがそんな感じだった気がする。まぁ確かにそんなもんだなぁとか思いつつ話を聞いていた。

Continue reading TOEICと実際の英語レベル

フランス語の勉強に役立つサイト

フランス語の勉強に役立つサイト published on フランス語の勉強に役立つサイト へのコメントはまだありません

人によって色々必要なものは違うと思うけど、自分の場合基本的な文法とかはある程度分かっているので、メール書いたりする時に辞書と活用が分かれば大体文章が書けるし、読む場合も辞書があれば何とかって感じ。
辞書はここ。英仏、仏英両方あるので便利。単語数はそれ程多くないけど。
活用はここ。日本語のサイトで便利。(トップページはここ

Continue reading フランス語の勉強に役立つサイト