Skip to content

java.lang.NoClassDefFoundError: org/jdesktop/layout/GroupLayout$Group

java.lang.NoClassDefFoundError: org/jdesktop/layout/GroupLayout$Group published on java.lang.NoClassDefFoundError: org/jdesktop/layout/GroupLayout$Group へのコメントはまだありません

This is just a small personal note.

I needed a tool that can generate database specifications out of an existing database, and was trying out SchemaSpyGUI, which is a wrapper for SchemaSpy.

When I ran it, I got the following error:

$ ./schemaSpyGUI.sh  
starting SchemaSpyGUI
Exception in thread "AWT-EventQueue-0" java.lang.NoClassDefFoundError: org/jdesktop/layout/GroupLayout$Group
        at schemaspygui.Main$1.run(Main.java:29)
        at java.awt.event.InvocationEvent.dispatch(InvocationEvent.java:226)
        at java.awt.EventQueue.dispatchEventImpl(EventQueue.java:673)
        at java.awt.EventQueue.access$300(EventQueue.java:96)
        at java.awt.EventQueue$2.run(EventQueue.java:634)
        at java.awt.EventQueue$2.run(EventQueue.java:632)
        at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
        at java.security.AccessControlContext$1.doIntersectionPrivilege(AccessControlContext.java:108)
        at java.awt.EventQueue.dispatchEvent(EventQueue.java:643)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpOneEventForFilters(EventDispatchThread.java:275)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForFilter(EventDispatchThread.java:200)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForHierarchy(EventDispatchThread.java:190)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(EventDispatchThread.java:185)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(EventDispatchThread.java:177)
        at java.awt.EventDispatchThread.run(EventDispatchThread.java:138)
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: org.jdesktop.layout.GroupLayout$Group
        at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:217)
        at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
        at java.net.URLClassLoader.findClass(URLClassLoader.java:205)
        at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:323)
        at sun.misc.Launcher$AppClassLoader.loadClass(Launcher.java:294)
        at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:268)
        ... 15 more

I needed to add swing-layout to the class path, and the problem was resolved.

OS X Mavericksでdistnotedというプロセスががが

OS X Mavericksでdistnotedというプロセスががが published on OS X Mavericksでdistnotedというプロセスががが へのコメントはまだありません

手短に。

現象

OS X Mavericksで、しばらく使っているとマシンが異様に重くなって、(MBPなので)ファンがうなりだしたりする。しばらく経つと直る場合もあれば、直らずに再起動せざるを得なかったり、最悪の場合キーボードとかマウスに反応せずに電源ボタンで強制終了しなければならない。

Activity Monitorで調べてみると、distnoted というプロセスのサイズが異常に大きくなっていて、CPUも沢山食ってたりする。

特に、スリープから復帰した時に問題になることが多く、スリープからの復帰に失敗してOSがクラッシュしたりする。

原因

Emacs 24.3とOS X Mavericksのdistnotedとの相性?が悪いらしい。

解消方法

Emacs 24.4をインストールする。Homebrewを使っている場合は以下の通り。

$ brew install emacs --HEAD --use-git-head --cocoa --with-gnutls

感想

アプリケーションが原因だったとしても、OSが操作不能になるのはOSの不具合と呼んでもいいと思う。

OSXでthe trustAnchors parameter must be non-emptyって出る

OSXでthe trustAnchors parameter must be non-emptyって出る published on OSXでthe trustAnchors parameter must be non-emptyって出る へのコメントはまだありません

しばらく放置してたプログラムの開発を再開した。開発環境はMBP。OSX Mavericks。

で、起動したら、ある箇所で以下のようなExceptionが発生。

java.lang.RuntimeException: Unexpected error: java.security.InvalidAlgorithmParameterException: the trustAnchors parameter must be non-empty

ぐぐってみたら、JREの証明書がなんたらかんたら、と。詳細は省略するけど、Javaをインストールすれば(orし直せば)OK。MavericksではJavaがインストールされないの?

  • Java 6なら、Appleのサイトからダウンロード
  • Java 7なら、Oracleのサイトからダウンロード(JRE, JDK)

自分用メモ

スタックトレース

[error] application - [securesocial] error trying to get an access token for provider facebook
java.lang.RuntimeException: Unexpected error: java.security.InvalidAlgorithmParameterException: the trustAnchors parameter must be non-empty
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.Handshaker.checkThrown(Handshaker.java:1012) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.SSLEngineImpl.checkTaskThrown(SSLEngineImpl.java:485) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.SSLEngineImpl.readNetRecord(SSLEngineImpl.java:753) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.SSLEngineImpl.unwrap(SSLEngineImpl.java:721) ~[na:1.6]
        at javax.net.ssl.SSLEngine.unwrap(SSLEngine.java:607) ~[na:1.6]
        at org.jboss.netty.handler.ssl.SslHandler.unwrap(SslHandler.java:1225) ~[netty.jar:na]
Caused by: java.lang.RuntimeException: Unexpected error: java.security.InvalidAlgorithmParameterException: the trustAnchors parameter must be non-empty
        at sun.security.validator.PKIXValidator.(PKIXValidator.java:57) ~[na:1.6.0_32]
        at sun.security.validator.Validator.getInstance(Validator.java:161) ~[na:1.6.0_32]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.X509TrustManagerImpl.getValidator(X509TrustManagerImpl.java:108) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.X509TrustManagerImpl.checkServerTrusted(X509TrustManagerImpl.java:204) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.X509TrustManagerImpl.checkServerTrusted(X509TrustManagerImpl.java:249) ~[na:1.6]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.ClientHandshaker.serverCertificate(ClientHandshaker.java:1185) ~[na:1.6]
Caused by: java.security.InvalidAlgorithmParameterException: the trustAnchors parameter must be non-empty
        at java.security.cert.PKIXParameters.setTrustAnchors(PKIXParameters.java:183) ~[na:1.6.0_32]
        at java.security.cert.PKIXParameters.(PKIXParameters.java:103) ~[na:1.6.0_32]
        at java.security.cert.PKIXBuilderParameters.(PKIXBuilderParameters.java:87) ~[na:1.6.0_32]
        at sun.security.validator.PKIXValidator.(PKIXValidator.java:55) ~[na:1.6.0_32]
        at sun.security.validator.Validator.getInstance(Validator.java:161) ~[na:1.6.0_32]
        at com.sun.net.ssl.internal.ssl.X509TrustManagerImpl.getValidator(X509TrustManagerImpl.java:108) ~[na:1.6]
[error] application - Unable to log user in. An exception was thrown
securesocial.core.AuthenticationException: null
        at securesocial.core.OAuth2Provider.securesocial$core$OAuth2Provider$$getAccessToken(OAuth2Provider.scala:67) ~[securesocial_2.10-2.1.2.jar:2.1.2]
        at securesocial.core.OAuth2Provider$$anonfun$3$$anonfun$apply$5$$anonfun$apply$8.apply(OAuth2Provider.scala:106) ~[securesocial_2.10-2.1.2.jar:2.1.2]
        at securesocial.core.OAuth2Provider$$anonfun$3$$anonfun$apply$5$$anonfun$apply$8.apply(OAuth2Provider.scala:104) ~[securesocial_2.10-2.1.2.jar:2.1.2]
        at scala.Option$WithFilter.map(Option.scala:206) ~[scala-library-2.10.3.jar:na]
        at securesocial.core.OAuth2Provider$$anonfun$3$$anonfun$apply$5.apply(OAuth2Provider.scala:104) ~[securesocial_2.10-2.1.2.jar:2.1.2]
        at securesocial.core.OAuth2Provider$$anonfun$3$$anonfun$apply$5.apply(OAuth2Provider.scala:103) ~[securesocial_2.10-2.1.2.jar:2.1.2]

bitcoin触ってみた

bitcoin触ってみた published on bitcoin触ってみた へのコメントはまだありません

bitcoin って、みんな名前は知ってると思うけど、実体は知らない人が多そうな気がする。そういう自分もよく分かってなかったので、少し触ってみる事にした。

bitcoinとは何か?使い方は?

これは色んなサイトで解説されているので省略。この辺見て下さい。ググれば一杯情報出てくるはず。

どうやって入手するの?

以下の3つ。

  • 購入(現金=リアルマネーと交換)
  • 採掘(=mining、後述)
  • その他(アンケートに答えたり、広告見たりして、その対価にもらう)

Continue reading bitcoin触ってみた

ビデオ会議

ビデオ会議 published on ビデオ会議 へのコメントはまだありません

自分用メモ。

実験用に作ってるウェブサイトにビデオ会議の仕組みを組み込みたい。フリーで使えるのも結構あるので、タイプ別にまとめる。

■サービス

その会社がインフラ含めサービスを提供してて、それを外部から使う形。APIでコントロールする形。

 

Continue reading ビデオ会議

マインドマップツール3種の感想

マインドマップツール3種の感想 published on マインドマップツール3種の感想 へのコメントはまだありません

以前マインドマップの講習を受けた。結構使えると思ったものの、やはり普段から紙を持ち歩いてマインドマップを描くというのは自分のライフスタイルからすると中々難しい気がした。

ということで、PCで描けるマインドマップツールを使う事にした。

■FreeMind

オープンソースのマインドマップツール(サイトはこちら)。ツリー上の図が手軽に作れるツールが無料で手に入るというメリットはあるけど、表現力は乏しいのであまり面白くない。このツールで描けるものをマインドマップと呼ぶのはちょっと気が引ける。

議事メモを手軽に残すなどの用途には便利だと思う。

■MingManager

商用製品。30日間の試用版有り(サイトはこちら)。

操作性がいい。動作が軽快。ただし、これもマインドマップではない気がする。ただし、ビジネス向けの機能が色々搭載されている。タスクをトピック(って言うんだっけ?要はツリーのノード)に割り振って、進捗率を表示させたりとか。

ビジネス向けにアイディアや議題、プロジェクト進行状況などをまとめるのには最適だと思う。線とかのレイアウトの自由度は低いので、楽しみながら描いて想像力を引き出すみたいなのはイマイチだと思う。

アメリカでは有名な企業でも結構使われているみたいだけど、そう言う所でどういう風な使い方をしているのかが知りたい。実際にそのような使い方をして生産性が上がるのならば、このツールの豊富な機能のために4万円出す価値はあると思うけど、今のところイマイチその価値が見いだせない。

■iMindMap

マインドマップ生みの親であるトニーブザン公認の唯一のツール。商用製品。21日間の試用版有り(サイトはこちら)。

公認ツールだけあって、一番マインドマップらしい図が描ける。ただし、操作性はそれ程良くない。ちょっと試用して一番困ったのが、他のツールや「スピードマップモード」だとある線を描いた後「Enter」を押せば同じ階層に線が現れるんだけど、「マインドマップモード」だとそれが出来ない事。線はちゃんと手で描きなさいって事なのかな。

マインドマップらしい図がかけるという長所がある反面、字が小さくなりがちなので、議事メモとかにはあまり向いていないかもしれない。

値段がリーズナブルなのでこれを購入する事にした。

ATOKで日本語入力オフの時に入力中の文字列をキャンセルする

ATOKで日本語入力オフの時に入力中の文字列をキャンセルする published on ATOKで日本語入力オフの時に入力中の文字列をキャンセルする へのコメントはまだありません

30分くらいググってもわからず、自分でようやく見つけたのでメモ。
ATOKを使ってる。「半角/全角」キーで日本語入力をオフにする時に、入力中の文字が確定されてしまうのがかなりうざい。
例えば、ブラウザのアドレスバーに gmail.com と入力する場合。こんなに短いURLなんて、わざわざブックマークから選ぶより自分で入力した方が早いので。日本語入力がオンの時に gmail.com と打つと以下のような情けないことになる。
gまいl。こm
あ、日本語入力オフにしよう、と思って「半角/全角」キーを押すと、入力が確定されてしまう。「Esc」を押して入力内容をキャンセルした後に「半角/全角」キーを押せばいいんだけど、それが面倒くさい。

Continue reading ATOKで日本語入力オフの時に入力中の文字列をキャンセルする

Astres

Astres published on Astres へのコメントはまだありません

引き続きヘルプデスク用のソフトを探している
今回試したのはAstresというの。フランスの民間航空局(?)で使われているらしい。
設定ファイルでフランス語と英語が選べるんだけど、英語はかなり間違いが多い。また、クイックスタートガイドみたいなのは英語なんだけど、ちゃんとしたマニュアルはフランス語のしかないので結構ツラい。
でも、さすがに実際に使われているだけあって安定している感じがする。もう少し使ってみて良さそうなら日本語に訳そうかな。

SiT!を試してみたが

SiT!を試してみたが published on SiT!を試してみたが へのコメントはまだありません

以前、ヘルプデスク構築用のソフトを探しているというエントリを書いた。
そのうち、一番機能が豊富そうなSiT!と言うのを試してみたが、結論から言うと現段階ではバグが多すぎて使えない。
OneOrZero HelpDeskは昔はオープンソースだったみたいだけど今は違うみたいなので除外。
ヘルプデスクソフトを集めたリストページを見つけたので、このページからもういくつかを試してみようと思う。

ヘルプデスク用ソフト

ヘルプデスク用ソフト published on ヘルプデスク用ソフト へのコメントはまだありません

仕事でちょっとインシデント管理のシステムを使いたいと思って、フリーで何か無いかと思ってsourceforgeで探してみた。

Ticketing Systems Softwareというカテゴリで、ダウンロード数上位30個位を調べた。

結論から書くと、使えそうだと思ったのは以下の3つ。

CoASTは1年以上更新が止まってるのがマイナスポイント。機能的にはSiT!が一番良さそうなので、安定していたらこれを使おうと思う。OneOrZero Helpdeskはオンラインデモもあるし、UIとかも分かりやすそうだけど、機能的にはかなり絞られている感じがする。