Skip to content

SQL Server 2000 から 2014 に移行

SQL Server 2000 から 2014 に移行 published on SQL Server 2000 から 2014 に移行 へのコメントはまだありません

経緯

以前、Windows Server 2003 上で SQL Server 2000 が動くシステムの構築に関わっていたのだが、Microsoft のサポート切れのため、Windows Server 2012 + SQL Server 2014 に移行することになった。最近は開発の仕事がメインなので、こうしたサーバー構築系の仕事はしてなかったんだけど、元システムの構築に関わった手前、断るのも悪いし、受けることにした。

移行方法概要

基礎知識

SQL Server 2000 から直接移行のパスが用意されているのは SQL Server 2008 R2 まで。SQL Server 2014 などは、一度 2008 R2 以前のバージョンを挟まなければいけない。

Windows も同様で、Windows Server 2003 から Windows Server 2012 に直接アップグレードすることはできず、一度 Windows Server 2008 を挟むか、新規インストールを行う必要がある。

移行対象

移行すべき情報は以下の通り。

  • データベース(ユーザーが作成したもの)
    • テーブル
    • ストアドプロシージャ
    • etc.
  • アカウント情報

移行方法概略説明

データベースの移行に関しては、以下の2通り。

  • データベースのバックアップ&復元を利用する
  • スクリプトとして出力し、移行先でそれを実行

アカウント情報に関しては、こちらの KB246133 にあるように、移行元でストアドプロシージャによりアカウント情報をテキストとして出力して、それを移行先で実行する。ただし、この方法だけではうまくいかなかった。

Continue reading SQL Server 2000 から 2014 に移行

IIS 6.0のパフォーマンス調査・チューニング

IIS 6.0のパフォーマンス調査・チューニング published on IIS 6.0のパフォーマンス調査・チューニング へのコメントはまだありません

自分用メモ。

MSDNのページ:Using Performance Tools to Obtain a Baseline (IIS 6.0)

アプリケーションプールについて調べてた時に見つけたページ

 

Vistaでスリープできない

Vistaでスリープできない published on Vistaでスリープできない へのコメントはまだありません

つい最近パソコンを買った。デスクトップでOSはVista(Windows 7への無償アップグレード対象)。

前はノートパソコンをメインに使ってて、夜寝る前にスリープにして朝起きたらレジュームするっていうスタイルだった。新しいPCでも同じ事をしようと思ったんだけど、スタンバイしてもすぐ起動してしまう。

ちょっと調べたところ、原因はWake on LAN。

デバイスマネージャーからネットワークアダプタ(うちのPCはIntel(R) 82567LF-2 Gigabit Network Connection と言う名前のやつ)のプロパティを選択し、こっから先はネットワークアダプタによって違うと思うけど自分の場合は「電力の管理」というタブでWake on LANを無効にした。

これで無事スリープが機能するようになった。

Vista Home Premiumでリモートデスクトップ接続

Vista Home Premiumでリモートデスクトップ接続 published on Vista Home Premiumでリモートデスクトップ接続 へのコメントはまだありません

Windows Vista Home Premiumだとリモートデスクトップ接続のクライアントは入ってるけど、サーバー側にはなれないみたいなんだけど、それを出来るようにする裏技が英語のページに載ってた。

面倒だから元記事のコメントは全部は読んでないけど、ライセンス的に問題がありそうな気はするけど。

IEのXMLHttpRequestでコネクションを閉じない

IEのXMLHttpRequestでコネクションを閉じない published on IEのXMLHttpRequestでコネクションを閉じない へのコメントはまだありません

Ajaxが一般的になってきたけど、構築中のシステムでIEのXMLHttpRequestに関するバグ(あるいは控えめに言っても問題点)に悩まされた。
問題の概要はここのページに簡潔に書かれているけど、一応書いてみる。
前提として、IEのデフォルトではHTTPの同時接続数が2。
1.あるページがwindow.openで子ウィンドウを開く。
2.子ウィンドウがXMLHttpRequestでサーバーに問い合わせ。(HTTPの接続数のカウンタが+1)
3.サーバーから返答が返ってくる前に子ウィンドウを閉じる。(HTTPの接続数のカウンタが減らない
4.1〜3を繰り返すとHTTPの同時接続数の上限(2)に達し、それ以降のAjaxリクエストを行わなくなる。
解決策
・親ウィンドウも含め、全てのIEのウィンドウを閉じれば、次からは問題なし(消極的な解決策)
・レジストリで同時接続数を増やす(推奨されてない→MSのページ
・サイトの構成を見直す(子ウィンドウからAjaxを使用しない等)
子ウィンドウのoncloseで、abort()メソッドを呼び出すというのを試した人もいるけど、問題は解決しなかったみたい。英語だけどこのページ
IE+Ajaxに関する注意事項を集めたページ(英語)

Windowsファイアウォール無効

Windowsファイアウォール無効 published on Windowsファイアウォール無効 へのコメントはまだありません

Active Directoryに参加してるとローカル管理者でもWindowsファイアウォールを無効に出来ない。
結局はグループポリシーで「ネットワーク接続をすべて保護する」というのを「未構成」にする事で、ローカルの方で設定変更が可能になる。
@ITのこのページやITMediaのこのページとかに説明があるけど、Microsoftのページからダウンロード出来るWF_XPSp2.docというファイルが結局の所一番詳しい。

WPAパスワードの間違い

WPAパスワードの間違い published on WPAパスワードの間違い へのコメントはまだありません

Windows XPでWPAを使用した無線LANにつなぐ時、間違ったWPAパスワードを入力した場合、何の警告も出なくて正しく接続出来たかのように見えるがDHCPでのアドレス取得が永遠に終わらないという状態になった。
これって一般的な問題なんだろうか?
最初は安物の無線アクセスポイントが悪いのかと思って電源を入れ直したりしたんだけど、パスワードが違っている事に気づいて入れ直したら普通に接続出来た。
○環境
・クライアント
Windows XP Professional SP2
OSの無線LAN接続を使用(独自のクライアントソフトは使用していない)
・無線アクセスポイント(兼ルーター)
Linksys WRT54GC
○現象
「スタート」→「接続」→「ワイヤレスネットワーク」
アクセスポイントを選択して「接続」をクリック
WPAパスワードを間違えて入力
「ネットワークアドレスの取得中」が永遠に続く

FAT32->NTFS

FAT32->NTFS published on FAT32->NTFS へのコメントはまだありません

自分用メモ
○概要
・FAT32->NTFSはconvertコマンドで簡単にできる。
・NTFSにはMFTというインデックス領域があるが、それがフラグメンテーションをしていると効率が落ちる。NTFSの旨みが少なくなる。
・FAT32からNTFSに変換するとMFTがフラグメンテーションを起こしやすいらしい。最初からNTFSの場合は問題なし。
ということで、最初にMFT用の連続した領域を確保してから、NTFSに変換するのが良いらしい。
具体的な手順は以下のページを参考にした。
MYCOM PCWebのページ
MFT用に確保する領域はドライブ容量の1割もあれば十分(@IT)、10〜15%(MYCOM PCWeb)だそうだ。
○その他参考サイト
@ITにも変換を扱ったページがあったが、MFTに関しては別ページ
convertコマンドについては以下のページ
Microsoft KB307881

XP SP2アンインストール情報の削除

XP SP2アンインストール情報の削除 published on XP SP2アンインストール情報の削除 へのコメントはまだありません

自分用メモ
Windows XP SP2のインストール時にはバックアップファイルを残すかどうか質問されずに勝手にバックアップファイルが作成される(SP1もそうだっけ)。それを削除してディスク容量を増やす。
1.SystemRoot%$NtServicePackUninstall$フォルダを削除
2.HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstallWindows XP Service Pack を削除
参考サイト
Microsoft KB290402
@IT Service Packのアンインストール用フォルダを削除する

Microsoft DNS→BINDゾーン転送

Microsoft DNS→BINDゾーン転送 published on Microsoft DNS→BINDゾーン転送 へのコメントはまだありません

ローカルドメインのDNSの冗長化対策を実施。メモ。
○やる事
Microsoft DNSからBINDへゾーン転送。
○環境
・転送元
Windows Small Business Server 2003
Micorosoft DNS(Active Directory統合)
・転送先
Linux (Fedora Core 3)
BIND 9.2.5
○SBS側の設定
・管理ツール→DNS
・転送したいゾーンを選択し右クリック→プロパティ
・「ゾーン転送」タブを開いて「ゾーン転送を許可するサーバー」にチェック、「ネーム サーバー タブの一覧にあるサーバーのみ」を選択
zone-trans1.JPG
・「ネーム サーバー」タブを開いてゾーン転送したいDNSサーバーを追加(この場合BIND)。Active Directory統合DNSの場合は全てのDCがここの一覧にあるはず(うちはDCは1台だけ)なので、追加後はDCの台数+ゾーン転送したいDNSサーバーの台数がここに表示される。
zone-trans2.JPG
○BIND側の設定
・/etc/named.confに以下を追記

zone “xxx.kazu.tv” {
type slave;
file “slaves/xxx.kazu.tv.rev”;
masters {転送元のIP;};
};

ディレクトリ名「slaves/」を指定しないとファイルが作られなかった。