Skip to content
コイン

[書評] 新 賢明なる投資家

[書評] 新 賢明なる投資家 published on [書評] 新 賢明なる投資家 へのコメントはまだありません

概要

「賢明なる投資家」は、「投機」でなく「投資」のバイブル的書籍。現代における投資の神様的存在のウォーレン・バフェットも、本書を絶賛してるらしい。

1949年に初版が出て、1973年(?)に第4版が出たが、それに現代の状況に合わせた「注解」を加えて2003年に発行されたもの。日本語版は2005年出版。

随分前に買ったのに、数年間本棚に眠っていたのを、ようやく読んだ。もっと早く読んでおけば良かった。

自分なりに簡単にまとめる

本書の教えを、日本の現在の状況に合わせて勝手に解釈して3行にまとめると、以下の通りかと。

  • 「積極的投資家」と「防衛的投資家」とは、取れるリスクの違いではなく、かける時間の違い
  • 大多数の人が当てはまるであろう「防衛的投資家」は、株式インデックスファンド:債権インデックスファンド=1:1の割合で定額積立すべし(iDeCo や NISA を活用)
  • 相場(Mr. Market)に惑わされるな

感想等

歴史の重み

内容は素晴らしいに尽きる。彼の理論は、長い年月を経て正しいことが実証されている。「長い年月」には、大恐慌や、本書発行後のインターネット・バブルなども含まれる。大抵の「理論」は、過去10〜20年たまたま上手くいっただけの手法を、真理かのごとく喧伝しているのがほとんどだが、本書にかかれている内容の正しさは歴史が証明済みで、重みがある。

注解が助かる

ベンジャミン・グレアムによる原文が書かれたのは1973年だが、40年以上前なので、当然状況が現在と異なる。また、一読しただけだと内容が分からない文も結構あった。各章の後ろについている、ジェイソン・ツバイクによる詳細な注解は、当時の状況と現在の状況の違いや、分かりにくい部分の解説などもあって、個人的には助かった。

アメリカと日本で異なる

とは言え、注解もアメリカでの話なので、日本の状況に置き換えて理解するには、最低限の経済・金融商品の知識が必要だと感じた。

自分自身も専門家ではないが、書籍等でごく基礎的な知識は持っているつもりなので、ある程度は理解出来た(と思っている)。

本書が難しすぎると感じた人は、ページ末尾の本をお勧めする。

もっと若いうちに読んでおけば良かった

読んだ感想で一番大きいのは、もっと若いうちに読んで、定年後の生活費や子供の将来の学費などのために、賢く資産形成をしておくべきだと思った。

ということで、このページを読んだ若い方は、是非本書を購入して読んで欲しい。

個人的まとめの補足

債権

日本では、個人投資家が債権に投資する選択肢としては、実質的には

  • 個人向け国債
  • 債権ファンド(ETF 含む)

くらいしか無いと思う。

時間をかけたくない「防衛的投資家」にとっては

  • 分散投資という観点では、債権ファンドが良い
  • 手数料を考えるとインデックスファンドが良い
  • ドルコスト平均法で時間軸で分散投資するためには、積立型が良い

ということで、債券インデックスファンドへの積立が良いかと。

(誤りのご指摘等があれば、是非お願いします。)

株式

株式も債権と同様の理由で、株式インデックスファンドへの積立(TOPIX連動型とか)が良いと思う。

国内、海外先進国、エマージング等は、個人の好みで適当な割合でどうぞ。

税金

投資で無視できないのが、税金(と手数料)。

所得控除され、運用益も非課税の iDeCo は最強。年数が決まってるけど運用益が非課税の NISA も使うべき。

ただ、iDeCo は、60才まで下ろせない点だけは要注意。

基礎的知識を得るための書籍

本書は、読み進めるにはある程度基本的な知識が必要だと思う。それがない人向けに、(個人的に良かったと思う)入門書を何冊か挙げておく。

と思ったけど、別エントリーとして書く予定。

サーバーラック

AWS の r3 より r4 + EBS の方が安くて速かった

AWS の r3 より r4 + EBS の方が安くて速かった published on AWS の r3 より r4 + EBS の方が安くて速かった へのコメントはまだありません

結論

AWS の r3 系インスタンスを使っている人は、r4 系 + ディスク追加に切り替えると、値段が安くなってパフォーマンスも上がる可能性が高い。

背景

仕事で、EMR 上で Sparkを 使っている。処理としては、1日1回のバッチ。(詳細は書けないので省略。)

日によってデータ量にばらつきがあり、persist した時に、メモリに入りきらず一部ディスクに書き込まれる時がある。ちなみに、storage level は MEMORY_AND_DISK を指定している。

インスタンスタイプは、r3 系を数十台使っている。

途中からプロジェクトに加わったので詳しい経緯は分からないけど、ディスクも使うため、インスタンスストアのある r3 を使っているものと思われる。スペックの違い等は、以下のページを参照。

インスタンスタイプ – Amazon EC2 | AWS

r4 の方が安いが、EBS のみ

以下の価格表を見ると、r3 インスタンスの後継(?)である r4 インスタンスの方が安い。

EC2 インスタンスの料金 – アマゾン ウェブ サービス (AWS)

が、r3 インスタンスには付いていたインスタンスストア(SSD)が r4 インスタンスには付いていない。

また、色々調べてた時に見た以下のブログ記事に、

東京リージョンで「r4」インスタンスが利用可能になりました | Developers.IO

以下のような記述があった。

現在、「r3」のオンデマンドで稼働中であったり、リザーブドインスタンスの契約更新を控えたEC2インスタンスについては、 利用中のストレージを確認し、EBSのみの利用でである場合には、「r3」→「r4」への変更を検討頂ければと思います。

なので、ディスクを使いたい場合は r3 を使う必要があると思いこんでいた。

ディスクは追加出来る

一旦、r3 での運用で落ち着いていたけど、やはりコスト削減はしたい。ということで、もう少し調べてたら、EMR のインスタンスには EBS ボリュームを追加することが可能。詳細は以下のページを参照。

インスタンスストアと Amazon EBS – Amazon EMR

ということで、r3 → r4 + ディスク増設に切り替えてみた。

結果・・・

  1. 時間あたりの料金削減(r3とr4の差額分削減、EBS追加分増加、トータルでは削減)
  2. バッチ処理時間削減

となった。2は予想外だったけど、以下のページにちゃんと書いてあった。

次世代のメモリ最適化EC2インスタンス(R4) | Amazon Web Services ブログ

大きなL3キャッシュと高速なメモリを搭載することで、既存のR3インスタンスより高い性能を発揮します。

ちなみに、ディスク追加の方法だが、GUI の場合は、画面から EBS を追加できるはず。(やったことないので未確認。)CLI の場合は、create-cluster の –instance-groups で EbsConfiguration を指定する。

詳細は以下のページを参照。

create-cluster — AWS CLI 1.11.136 Command Reference

まとめ・雑感

リザーブドインスタンスが残っているのでなければ、一般的には最新のインスタンスに乗り換えたほうが良い。あと、やっぱり、オフィシャルのドキュメントをしっかり読み込むのが大事。