Skip to content

SQL Server 2000 から 2014 に移行

SQL Server 2000 から 2014 に移行 published on SQL Server 2000 から 2014 に移行 へのコメントはまだありません

経緯

以前、Windows Server 2003 上で SQL Server 2000 が動くシステムの構築に関わっていたのだが、Microsoft のサポート切れのため、Windows Server 2012 + SQL Server 2014 に移行することになった。最近は開発の仕事がメインなので、こうしたサーバー構築系の仕事はしてなかったんだけど、元システムの構築に関わった手前、断るのも悪いし、受けることにした。

移行方法概要

基礎知識

SQL Server 2000 から直接移行のパスが用意されているのは SQL Server 2008 R2 まで。SQL Server 2014 などは、一度 2008 R2 以前のバージョンを挟まなければいけない。

Windows も同様で、Windows Server 2003 から Windows Server 2012 に直接アップグレードすることはできず、一度 Windows Server 2008 を挟むか、新規インストールを行う必要がある。

移行対象

移行すべき情報は以下の通り。

  • データベース(ユーザーが作成したもの)
    • テーブル
    • ストアドプロシージャ
    • etc.
  • アカウント情報

移行方法概略説明

データベースの移行に関しては、以下の2通り。

  • データベースのバックアップ&復元を利用する
  • スクリプトとして出力し、移行先でそれを実行

アカウント情報に関しては、こちらの KB246133 にあるように、移行元でストアドプロシージャによりアカウント情報をテキストとして出力して、それを移行先で実行する。ただし、この方法だけではうまくいかなかった。

Continue reading SQL Server 2000 から 2014 に移行