Skip to content

Vagrant + Chef Solo + Berkshelfで開発環境作成

Vagrant + Chef Solo + Berkshelfで開発環境作成 published on Vagrant + Chef Solo + Berkshelfで開発環境作成 へのコメントはまだありません

Vagrant + Chef (Solo)って流行ってるんで、使ってみることにしたよ。

概要

やりたいこと

まずは今回目指すことを書いておく。

とあるWeb系のシステムの開発環境を、数名の開発者で共有したい。具体的には、VirtualBox上のVMにCentOS、JDK、nginx, Play! framework、PostgreSQLとかを自動でインストールして環境を作りたい。

Chef Serverは使わず、ChefのレシピはGitHub上に登録する。コミュニティが作成したcookbookも使えるものは使う。

あと、knife-soloを使用。伊藤直也さんの入門Chef Solo – Infrastructure as Codeで紹介されていて初めて知ったんだけど、Chef Soloを使う場合には、knife soloを使うと色々便利。

本記事で扱わないこと

  • Chefのレシピの書き方。これはサイトなり書籍で色々情報があるので、わざわざ書く必要はないと判断。
  • Vagrantの使い方。理由は上に同じ。

基本情報

知ってると思うけど簡単に説明。

Vagrant → VirtualBoxとかVMware上のVMを簡単に作れるツール。

Chef → 構成管理ツール、みたいなもん。事前に定義した設定ファイルに従って、サーバーの環境を構築してくれる。

上の2つに比べると、Berkshelf は比較的知名度が低いかもしれない。という自分も、今回はじめて知ったんだけど・・・

Berkshelf が何をするものかというと、Chefのcookbookを管理してくれるもの。まぁそれだけだと分かりづらいと思うので、追々実例を見ながら説明、と。

環境情報

MacBook Pro上で作業してます。

  • Vagrant 1.6.2
  • VirtualBox 4.3.12
  • Chef と Berkshelf は Chef DK (Chef Development Kit)を使って入れた。バージョンはChef 11.14.0.alpha.1とBerkshelf 3.0
  • knife-solo 0.4.2
  • VMではCentOSを動かす。

世の中のBerkshelf関連の情報は2.0以前のものが多いみたいだけど、Berkshelf 3.0だといろいろ変わっている事が多いので注意。移行ガイドみたいなのはこちら

Continue reading Vagrant + Chef Solo + Berkshelfで開発環境作成