Skip to content

Slick 2.0.xをPlay! framework2.2から使う

Slick 2.0.xをPlay! framework2.2から使う published on Slick 2.0.xをPlay! framework2.2から使う へのコメントはまだありません

はじめに

タイトルにPlayも含めてるけど、今回のエントリーは主にSlick 2.0.xの話。

そして、最初に一言言わせて欲しい。Slickのドキュメントは分かりにくい or 不十分。ただ、「お前が貢献しろよ」、という真っ当な指摘が来そうなので、これに関してはあまり深入りはしない。

まずは今回の目的を。

目的・ゴール

簡単に今回の目標を書いておく。

  • Play! framework 2.2.xで、Slickを使ってDBにアクセスする。
  • DBのスキーマからコードを自動生成する機能を使う。

後者に関してだけど、DBのテーブルは生のSQLを使うことが多いので、あると非常に便利。幸い、Slickにはコード自動生成の機能があるので、それを使う。

ScalaのDB library

本題に入る前に、今回のエントリーの背景を少し。

今実験的に動いているプロジェクトでは、前回のプロジェクトと同じくPlay! 2.2を使うことにした。慣れてるし。でも、せっかくだし何か新しいことも試さないと、ということで、DBライブラリーは今まで使ったこと無いSlickを使うことにした。

今まではSquerylScalikeJDBCを使った事があって、どちらにも大きな不満はそれほどなかった。実際、両方共いいライブラリだと思う。後から出てきたScalikeJDBCの方が設計は綺麗だと思うけど。

その他、Play!の場合Anormという選択肢もあるけど、知り合いの信頼の置ける開発者から「論外」みたいな話を聞いたことがあるし、ドキュメントを見る限り基本的というか低レベルなので、あまり開発効率向上にはつながらなさそう、ということで除外。

環境

さて、本エントリーの環境。

  • Play! framework 2.2.2
  • play-slick 0.6.0.1 (Play!でSlickを使うためのプラグイン)
  • Slick 2.0.0 (play-slickのバージョンによって使えるSlickのバージョンが異なる)

以下、本題。

Continue reading Slick 2.0.xをPlay! framework2.2から使う