Skip to content

gitweb

gitweb published on gitweb へのコメントはまだありません

先日gitosisというgitレポジトリをホスティングするためのプログラムに関するエントリを書いたが、今回はgitwebという、webからレポジトリを閲覧するツールについて書く。

■環境

  • CentOS 5.5
  • Apache 2.2.3 (yumで入れた標準のやつ)
  • git 1.5.5.6 (あまり関係ないけど)

■インストール

yumでインストール。標準じゃなくて centosplus に入ってるのかな?

$ sudo yum install gitweb

設定ファイルをコピー

$ sudo cp /usr/share/doc/gitosis-0.2/gitweb.conf /etc/

Continue reading gitweb

Oracleが起動しているのにIdle instanceってなる

Oracleが起動しているのにIdle instanceってなる published on Oracleが起動しているのにIdle instanceってなる へのコメントはまだありません

タイトル通りの話。

Oracleが確かに起動していてリスナー経由とかでは繋がるのに、sqlplusだと繋がらなくてなんでかなぁと悩んだ。しばらく調べた結果、環境変数 ORACLE_HOME の末尾にスラッシュが付いていたためと判明。それを取り除いたらOKだった。

#This is NG!
ORACLE_HOME=/path/to/oracle/
#This is OK.
ORACLE_HOME=/path/to/oracle

 なんだかなぁ。

参考:フォーラムのこのスレッド(英語)

Rubyでscraping

Rubyでscraping published on Rubyでscraping へのコメントはまだありません

■Rubyでスクレイピングするためのツール

"ruby scraping"で検索するとこのページが引っかかる。いくつかのツールの紹介と簡単な比較をしてるんだけど、本当にさわりだけなのでやっぱり自分である程度試してみる必要がある。あと、若干情報が古い。

自分は結論から言うとMechanizeを使う事にした。理由は以下の通り。

  • ページのこのリンクをクリックして次のページでフォームにこれを入れて…みたいな感じの操作を、比較的直感的にプログラムで記述できる。
  • 依存パッケージが少ないので(nokogiriだけ)インストールが楽
  • 割とメンテナンスがされている

Continue reading Rubyでscraping

LiftでMySQLを使う

LiftでMySQLを使う published on LiftでMySQLを使う へのコメントはまだありません

タイトル通り。検索するとLiftを使ってる人にはお馴染みの武田ソフトさんのページが出てくる。基本はそれでOKなんだけど、バージョンが違うとちょっと違うので一応メモ。

■環境

  • Scala 2.8.1
  • Lift 2.2

Continue reading LiftでMySQLを使う

gitosis on CentOS

gitosis on CentOS published on gitosis on CentOS へのコメントはまだありません

gitosisとは、gitレポジトリのホスティングが出来るようになるソフトらしい。とりあえず使えるようになったのでメモ。

■環境

  • CentOS 5.5

■インストール

まずは必要なプログラムをインストール。git-daemon, python-setuptools, gitosis 全てyumでインストール

$ sudo yum install git-daemon python-setuptools gitosis

 

Continue reading gitosis on CentOS

Lift CRUDify でMappedDateを正しく(?)扱う

Lift CRUDify でMappedDateを正しく(?)扱う published on Lift CRUDify でMappedDateを正しく(?)扱う へのコメントはまだありません

以前ブログエントリに書いたCRUDifyは、ちょっとしたデータを作る時とかに便利。ただ、日付あるいは時刻型(MappedDate, MappedDateTime)のフィールドにうまく値が設定できなかった。MM/dd/YYYYで入力したんだけど…

で、解決方法は、文字列を日付にパースするメソッド及び日付を文字列にするメソッドをそれぞれおオーバーライドする。

object dateField extends MappedDate(this) {
import java.text.{SimpleDateFormat, ParseException}
import java.util.Date
val dateFormat = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd")
override def format(d: Date): String = dateFormat.format(is)
override def parse(s: String): Box[Date] = {
try {
Full(dateFormat.parse(s))
} catch {
case e: ParseException => Empty
}
}
}

 参考にしたのはMLのやりとり(1, 2, 3

Lift のmapper関連

Lift のmapper関連 published on Lift のmapper関連 へのコメントはまだありません

自分用メモ。lift-mapper関連

行数を調べる(select count(*) from )。scaladoc

SomeModel.count

フィールドがNULLかどうかを調べる。

someModel.field.is == null

 フィールドにNULLをセットする。Stack Overflowでの似たような質問

someModel.field(Empty)

m2eclipse

m2eclipse published on m2eclipse へのコメントはまだありません

mavenって何か良く分かってなかったけど、最近sbtを触ってるうちに、mavenが何をするものかは何となく分かってきた。とはいえ、今の所必要ないし特に使ってなかったんだけど、PARTAKEソースを見てるうちに少し動かしたくなって、そしたらmavenが必須みたいなので、仕方なく使う事にした。

■必要なもの

  • Eclipse
  • m2eclipse
  • mavenは別途入れる必要なし

Continue reading m2eclipse

Bazaar + Eclipse動いた

Bazaar + Eclipse動いた published on Bazaar + Eclipse動いた へのコメントはまだありません

今まで何回か(1, 2, 3, 4)Eclipse+Bazaarのエントリを書いたけど、ついに動いた(というかしばらく放置してたけど)。

■環境

以下の物は既にインストールされているという前提

  • Eclipse 3.5 (他のバージョンでも多分OK)
  • BzrEclipse (最新のでOKか)
  • Bazaar 2.2.1 (2.2系ならOKかと)

■bzr-xmloutput 0.8.7のインストール

前回書いた通り、bzr-xmloutputはレポジトリから取ってくる必要がある。

bzr branch lp:bzr-xmloutput

あとは、それを上書きする。C:Program Files (x86)Bazaarpluginsxmloutput あたり。

ここまでで、とりあえずローカルのBazaarレポジトリを使う事は出来るようになる。

Continue reading Bazaar + Eclipse動いた

Liftでファイルアップロード

Liftでファイルアップロード published on Liftでファイルアップロード へのコメントはまだありません

Scalaで書かれたWebフレームワークであるLiftを最近結構触っている。日本語の情報はおろか、英語の情報もそれ程豊富な訳じゃないんだけど、色々調べながらってのが結構面白い。

■ファイルアップロードの基本

今回はファイルのアップロード。"Lift ファイルアップロード"で検索するとこのページが出てきた。

Shtml.fileUpload を使うとアップロードされたファイルの内容を取得できるので、それを煮るなり焼くなり。詳しくは先ほどのページを参照。あるいはExploring Liftのこの辺

Continue reading Liftでファイルアップロード