Skip to content

UbuntuにJava入れた

UbuntuにJava入れた published on UbuntuにJava入れた へのコメントはまだありません

■背景

Scalaを触り始めて1ヶ月位経つが、殆ど勉強が進んでいない。言い訳をすると、開発環境が整わないと勉強のスピードが上がらないタイプ。

sbtの使い方は少し分かってきたので、あとはコードを書く環境を整える必要がある。Eclipse + Scala pluginに挫折したのでEmacsのプラグインであるensimeなるものを試してみることにした。

Windowsでやってもいいけど、Emacs使いの大半はUNIX系で使ってるだろうから、Windows固有の問題とかがありそうなのでパス。じゃLinuxでと思ったが、ensimeの前提としてemacs 22か23が必要。CentOSに入っているemacsは21で、バージョンアップも面倒そうなのでUbuntuが入っているVPSを使う事にした。

で、そもそもScalaを動かすにはJavaが必要なので、UbuntuにJavaを入れる必要がある。

とまぁかなり長い前振り。

■やること

たった1行だけ…

apt-get install sun-java6-jdk

ちなみに、Javaはsun-java6-jdkと、オープンソースライセンスのopenjdk-6-jdkの2種類がある。

 環境:Ubuntu 9.0.4

Continue reading UbuntuにJava入れた

バッチファイルでパスに()とか含む時

バッチファイルでパスに()とか含む時 published on バッチファイルでパスに()とか含む時 へのコメントはまだありません

以前、「scala の使い方が誤っています。」というエントリを書いた。バッチファイルの中で扱うパスに括弧が含まれていることに起因する問題だった。64ビットWindowsだと、C:Program Files (x86)ってフォルダがあるので。

で、その時は単純にダブルクォートで囲えばいいやと思って

set FOO="%PATH_X86%foo"

とかやったんだけど、これだとFOOにダブルクォートが含まれてしまう。以下のようにやればOK。結構目から鱗だった。

set "FOO=%PATH_X86%foo"

Continue reading バッチファイルでパスに()とか含む時

Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する

Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する published on Windowsではsymlinkがあるとbzr branchが失敗する へのコメントはまだありません

タイトル通り。シンボリックリンクを含むブランチをWindows上に持ってこようとすると以下のようにエラーになる。

>bzr branch sftp://user@host.example.com/path/to/branch
bzr: ERROR: Unable to create symlink 'foo/link' on this platform

バグレポート(81689)も上がってるけど、Windowsユーザーは少ないのか、直される気配無し。

Bazaar + PuTTY (Pageant)

Bazaar + PuTTY (Pageant) published on Bazaar + PuTTY (Pageant) へのコメントはまだありません

BazaarをWindowsから使ってる。プロトコルでsftpを使う時に、パスワードを聞かれないようにしたい。

■環境

  • Windows 7
  • Bazaar 2.2.0 standalone

■方法

前提として、普通にPuTTY + Pageantでパスワード無しでログインできるようになっている事。

plinkコマンドで一度対象のホストにつないでおく必要がある。(そのサーバーのfingerprintをキャッシュさせるため)

> plink host.example.com
The server's host key is not cached in the registry. You
have no guarantee that the server is the computer you
think it is.
The server's rsa2 key fingerprint is:
ssh-rsa 2048 xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx
If you trust this host, enter "y" to add the key to
PuTTY's cache and carry on connecting.
If you want to carry on connecting just once, without
adding the key to the cache, enter "n".
If you do not trust this host, press Return to abandon the
connection.
Store key in cache? (y/n) y
login as: username
Last login: Sat Sep 18 19:12:30 2010 from pc.example.com
SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]
y]0;username@wwwNNNNu:~[username@wwwNNNNu ~]$ exit
logout

環境変数の設定(システムのプロパティから設定してもいいし、以下のようにsetコマンドを使用しても良い)

set BZR_SSH=plink

後は普通にbzrコマンドを使えばOK。

bzr branch sftp://user@host.example.com/path/to/branch

■余談

Bazaarがうまく動かなくなった。bzr-xmloutputの問題で、最新の0.8.7を使おうとした時に(その時のエントリ)、元のxmloutputをバックアップしてたんだけど、バックアップを取る時に単にCtrl-C, Ctrl-Vでpluginsフォルダの下にバックアップを取ってたのがまずかったらしい。別の場所に動かしたら大丈夫だった。

Couldn’t locate driver named mysql

Couldn’t locate driver named mysql published on Couldn’t locate driver named mysql へのコメントはまだありません

新しいサーバー(VPS)にsymfonyを入れている。

schema.ymlを書き換えてsymfony doctrine:insert-sqlを実行したら以下のエラー。

$ symfony doctrine:insert-sql
>> doctrine  creating tables
  Couldn't locate driver named mysql

まぁメッセージの通りドライバーが足りないんだろう。以下のコマンドで確認できる。

php /usr/share/pear/data/symfony/bin/check_configuration.php

結論から言うと、php-mysqlとphp-pdoをインストールすれば解決。

環境:CentOS 5.5

BzrEclipsedeが固まる

BzrEclipsedeが固まる published on BzrEclipsedeが固まる へのコメントはまだありません

今まで何回か(1, 2, 3)Eclipse+Bazaarのエントリを書いたけど、結局うまく動いていないっぽい。BzrEclipseが固まる。色々情報を探していた時にふと公式のインストールページを見ると、以下の記述が。

With bzr >= 2.1.0, bzr-xmloutput >= 0.8.7 (the latest code from trunk) is required (see Bug #526740)

 Bazaar 2.1.0以降を使う場合は、bzr-xmloutputは0.8.7以上を使ってね、との事。もっとちゃんと読んでおくべきだった。しかし、Bazaar 2.1.0のパッケージに同梱のbzr-xmloutputを0.8.6じゃなくて0.8.7にしてくれればいいのにって思う。

とりあえず以下のコマンドでbzr-xmloutputの最新版を取ってきたんだけど、普通に上書きをすればいいのだろうか…

bzr branch lp:bzr-xmloutput

ServersMan@VPS

ServersMan@VPS published on ServersMan@VPS へのコメントはまだありません

知り合いに教えてもらって、格安VPSのServersMan@VPSを試しに使ってみる事にした。

  • 安価
  • 2ヶ月無料
  • IPv6 reachable

というのが個人的には気に入った所。

使ってみた感想はまぁ普通。実験用としてはかなり使えるのではないかと思う。

iptablesが昔はまともに使えなかったりしたらしいけど、今は大丈夫なのかな。このページが参考になった。 

Google Appsのメールサーバーからのリレーを許可

Google Appsのメールサーバーからのリレーを許可 published on Google Appsのメールサーバーからのリレーを許可 へのコメントはまだありません

■メールゲートウェイを立てたい

以前、Google Apps + MailArchivaのエントリを書いたけど、それに関連した話題。メールゲートウェイ(postfix)を立てて、Google Appsからのメールをリレーする(送受信共に)。

受信メールを一旦メールゲートウェイで受けるのは簡単で、MXレコードでゲートウェイサーバーを指定するだけのはず。

送信メールの場合、Google Appsから送信するメールを一旦メールゲートウェイに飛ばす必要がある(Enterprise Editionのみの機能)。その次に、メールゲートウェイでは、

  1. Google Appsのメールサーバーから
  2. 自ドメインから

の両方を満たすメールはリレーを許可するようにすればOKかな。2はいいとして、1は色々考えた。

Continue reading Google Appsのメールサーバーからのリレーを許可