Skip to content

SiT!を試してみたが

SiT!を試してみたが published on SiT!を試してみたが へのコメントはまだありません

以前、ヘルプデスク構築用のソフトを探しているというエントリを書いた。
そのうち、一番機能が豊富そうなSiT!と言うのを試してみたが、結論から言うと現段階ではバグが多すぎて使えない。
OneOrZero HelpDeskは昔はオープンソースだったみたいだけど今は違うみたいなので除外。
ヘルプデスクソフトを集めたリストページを見つけたので、このページからもういくつかを試してみようと思う。

領収書

領収書 published on 領収書 へのコメントはまだありません

今日、近くの本屋の文房具コーナーで文房具を買った。自分は個人事業主のため文房具は経費扱いになるので、領収書をもらおうとおもった。
自分(K):「領収書もらえますか。」
店員のおばさん:「手書きの領収書とレシートタイプ(?)のどちらになさいますか。」
K:「どちらでもいいです。楽な方で。」
店:「手書きの方で宜しいですか。」
K:「あ、はい…」
多くの店では「印刷したので宜しいでしょうか。税務署からも認められてます云々」って言ってるのに、それに逆行しているよなぁ。紙と時間の無駄。
ちなみにこの本屋、聞けば誰もが知ってるくらいの有名なところ。

SNSサイトのサーバー台数

SNSサイトのサーバー台数 published on SNSサイトのサーバー台数 へのコメントはまだありません

mixiは現在はユーザー数が1000万人を超えている。で、1000台以上のサーバーで運用しているという記事をちらっと見かけた。
じゃ、Facebookとかだとどうなんだろうと思って調べてみた。30000台以上とのこと()。すごいなぁ。
確かユーザーは3億人だっけか。と言う事は、技術のある会社がシステムを組めば、今のサーバーの性能だと1台のサーバーで1万ユーザー位かぁ。ま、線形にスケールアウトするわけではないけど。
そう言う会社で働く技術者ともなれば、さすがに劣悪な環境のIT企業で働いている人と違って楽しいだろうなー。

Joomla!のURLをドメイン直下に変更

Joomla!のURLをドメイン直下に変更 published on Joomla!のURLをドメイン直下に変更 へのコメントはまだありません

DreamHostで動かしているサイトにJoomla!をインストールしたというエントリを書いた。
/home/[username]/example.com/joomlaにインストールしたのでURLはhttp://www.example.com/joomla/ となるんだけど、これをドメイン直下に変更したい。
webでちょっと調べたところ、ファイルを単純にDocumentRootに移動するという方法を見つけた。まぁこれでもいいんだけど、できればインストール先は上記のままで、URLのみ http://www.example.com/ に変更したい。
もう少し調べたところ、英語だけどJoomla!のフォーラムにこんなのがあった。で、そこで紹介されているページのやり方が自分のやりたい事ずばり。
やることは以下の3つ。
そのページの1つ目のコードをDocumentRootの.htaccessに記述。自分の場合、/home/[username]/example.com/.htaccess
2つめのコードはSearch Engine Friendly URLsを有効にしている場合に、joomla!のルートディレクトリにある.htaccess(元々htaccess.txtというファイルだったもの)を修正するときの方法。自分の場合、 /home/[username]/example.com/joomla/.htaccess
3つめのコードはconfiguration.phpの修正。
ちょっと試してみたところ問題無さそうなので、この方法を採用。

DreamHostでJoomlaインストール

DreamHostでJoomlaインストール published on DreamHostでJoomlaインストール へのコメントはまだありません

今、仕事用に新しいサイトを作成中。面倒だから誰か他の人に頼もうと思ったけど、知り合いの知り合いに値段を聞いたらこのご時世のも関わらずかなりの金額だったので、とりあえずCMSを使って自分で作る事にした。

「とりあえず」の段階なので、DreamHostにサイトを作っている。ワンクリックインストールでいくつか選べるんだけど、今回は試しにJoomla!を使ってみる事にした。

結論から言うと以下の手順でインストール&日本語化が可能。

  1. Install new website software — Advanced mode を開く。
  2. Joomla!を選択し、必要事項を入力してインストール。
  3. 設定手順が書かれたメールが来るのでそれに従う。但し、メールの手順の6番では’Install Sample Data’も’Load Migration Script’も実施しない。
  4. Joomla! じゃぱんから言語ファイル(ja-JP_Joomla_1.5.x_site.zipとja-JP_Joomla_1.5.x_admin.zip)と日本語パッケージ(Joomla_1_5_x_in_Japanese.zip)をダウンロード。
  5. 管理画面のExtentions -> Install/Uninstallを選択し、Upload Package Fileで2つの言語ファイルをアップロード。
  6. Extentions -> Language Managerで、日本語をデフォルトにする。
  7. 4.の日本語パッケージをローカルPCで展開し、その中の installationsqlmysqlsample_data.sql を開く。
  8. ‘#__’ という文字列を全て ‘jos_’ に置換(プリフィックスを変えた人は、そのプリフィックスに)。
  9. 8のSQLファイルを実行。

9番の手順はphpMyAdminで実行すれば多分問題ないと思うけど、自分はコマンドラインでやったので最初は文字化けが発生した。以下のように実行すれば問題なし。

mysql -h mysql.example.com -u user --password=pass --default-character-set=utf8 dbname < sample_data.sql

重要なのは–default-character-setの所。これを指定しないと文字化けが発生する。

和製英語

和製英語 published on 和製英語 へのコメントはまだありません

Livedoor経由でこんな記事を見つけた。
個人的には和製英語を完全に否定するつもりはなく、場合によってはあっても良いんだろうけど、上の記事にあるように車関係の単語(ハンドル、フロントミラーetc.)は殆ど英語では通じなくて、しかもわざわざ英語風の別の単語を使う意味が全く分からない。
「ハンドル」じゃなくて「ステアリング・ホイール」か、それを省略してせめて「ステアリング」だったら、You mean steering wheel? とかなってそれでOKな気がするんだけどなぁ。

WordPress日本語化

WordPress日本語化 published on WordPress日本語化 へのコメントはまだありません

最初から日本語パッケージインストールすれば良いじゃんって思うかもしれないけど、海外のレンタルサーバーとかでワンクリックインストールでWordPressをインストールすると英語版が入る。やっぱりワンクリックインストールの便利さは捨てがたい。
なので、英語版のWordPressを日本語化する方法。結論から言うとすごい簡単。ここの通り。

外国人参政権法案 政府、通常国会提出へ

外国人参政権法案 政府、通常国会提出へ published on 外国人参政権法案 政府、通常国会提出へ へのコメントはまだありません

こんな事やる前に、選挙関連なら一票の格差是正とか他にもやる事いくらでもあるだろうに。
こんな事だから海外脱出する人が増えるんだよなー。さっき海外脱出に関するエントリー書いたばっかりなのに…

海外脱出あれこれ

海外脱出あれこれ published on 海外脱出あれこれ へのコメントはまだありません

結構面白いブログの記事を見つけた(海外脱出アドバイスのダメなところ)。この記事で批判している2つのブログのうち1つは自分も以前取り上げた事がある。
筆者の青木理音さんという人の意見には結構同意。その批判されているブログの筆者の渡辺千賀さんみたいな優秀な人ならどこに行っても大丈夫だろうけど、誰もが海外に行ける訳でもないし、行って成功するわけでもないと思う。
まぁ、批判している青木理音さんって方もUCバークレーで経済学博士を目指している頭のいい人なんだけど。この人のブログ、他にもいくつか面白いエントリーがあった。これとかこれ
自分の海外脱出に関するスタンスとしては・・・したい人で出来る能力がある人はやればー?って感じ。自分はもうちょい日本で頑張りたいな。どうしてもダメなら逃げ出すかもしれないけど。

ヘルプデスク用ソフト

ヘルプデスク用ソフト published on ヘルプデスク用ソフト へのコメントはまだありません

仕事でちょっとインシデント管理のシステムを使いたいと思って、フリーで何か無いかと思ってsourceforgeで探してみた。

Ticketing Systems Softwareというカテゴリで、ダウンロード数上位30個位を調べた。

結論から書くと、使えそうだと思ったのは以下の3つ。

CoASTは1年以上更新が止まってるのがマイナスポイント。機能的にはSiT!が一番良さそうなので、安定していたらこれを使おうと思う。OneOrZero Helpdeskはオンラインデモもあるし、UIとかも分かりやすそうだけど、機能的にはかなり絞られている感じがする。