Skip to content

Northwest sucks

Northwest sucks published on Northwest sucks へのコメントはまだありません

今回のカナダは往復共にNorthwestを使った。

行きは覚えていないけど、帰りの便は酷かった。ていうか、自分が座った席を担当していた人が酷かったんだけど。50才くらいの黒人のおっさん。

自分は通路側に座っていたんだけど、ガンガンぶつかってきて、sorryの一言もない。食事とか飲み物を運ぶワゴンを思いっきりぶつけた事も3回くらい。そのうちの1回は「Oh, I woke you up, guys. (起こしてあげたよ)」とかしょうもないアメリカンジョーク(?)を言ってくるし。こっちは寝たかったのに。

一度彼が歩いているときに飛行機が結構揺れて、そのおっさんが自分の所にもたれかかってきたんだけど、その時も「Ooops! ooops!」とか言うだけ。揺れてもたれたかかってくるのは仕方ないけど、一言謝れって思う。

Continue reading Northwest sucks

新聞で消費税の記事

新聞で消費税の記事 published on 新聞で消費税の記事 へのコメントはまだありません

ウチの近くの中華料理屋で夜ご飯を食べた。料理が来るででの間、新聞を読む事にした。毎日新聞だった。

解散総選挙が話題になる中、大きな課題の一つである財政再建、それに伴い消費税増税に関してもかなり紙面が割かれていて、初心者向けにわかりやすく解説したコーナーみたいなのがあった。形としては「何が問題になっているのか」を政治局の記者だったかが回答していく、と言うスタイル。

  • 消費税は日本には欧米諸国より遅れて導入された
  • 先進国では台湾・カナダ(とあと1カ国くらい)と並び最低の税率(5%)
  • 近年では消費税の比率を高くする国が主流

みたいな事が書かれていた。

(カナダの5%っていうのを除いて)別に間違った事は特に書いていないんだけど、新聞の常として(意図的かどうかはさておき)、重要な情報を書いていない。

Continue reading 新聞で消費税の記事

すごい久しぶりに

すごい久しぶりに published on すごい久しぶりに へのコメントはまだありません

今日の昼間に携帯にメールが来た。自分が昔ちょっとだけ勤めていた会社で働いていた人からだった。彼はドイツ人で、当時はインターンで日本に来ていたんだけど、もう7年くらい前だしまさか彼が日本にいるとは思わなくて驚いた。

で、メールの内容は「embassy cupの無料券があるから、欲しかったら言って」みたいなの。「久しぶり〜」とかそんな言葉は一切無しw

embassy cupってサッカーの試合か何かなのかと思って調べてみたら、本物のサッカーじゃなかった(ウェブサイト)。面白そうだとは思うんだけど、予定が入っててダメだ。残念。

ガンダムT

ガンダムT published on ガンダムT へのコメントはまだありません

秋葉原にユニクロがオープンしたので、こないだ行ってきた。

何かゲームとかアニメのキャラクターTシャツのコーナーがあったので、結構楽しみながら見ていた。そんな中ガンダムTシャツを発見。色合いも渋い感じで近くでじっくり見ないとガンダム関連のTシャツだって分からない。というか近くで見ても分からない人が多いかも。と言う事で(?)購入。

Continue reading ガンダムT

すっかり忘れてた

すっかり忘れてた published on すっかり忘れてた へのコメントはまだありません

今、仕事でとあるシステムのパフォーマンス問題に取り組んでいる。改善すべき点はほぼまとまったので、それでどの程度のパフォーマンス向上が見込めるか、どの体までのデータ増加に耐えられるのか、に関しての資料を作っていた。

データ件数1件あたりの処理時間は件数に対して線形に推移していた。つまり、件数をxとすると
1件あたりの処理時間=ax+b

従って、データ件数x件の時の全体の処理時間はax^2+bx

さて、業務要件として、t秒で処理を終わらせなければいけないとすると、以下の方程式の解が処理できる最大件数。
t = ax^2 + bx

ここまではすぐ分かったんだけど中学校(だっけ?)で習った二次方程式の解き方を忘れてた・・・Wikipediaで調べて、あーっ!って例の公式を思い出した。

ax^2 + bx + c = 0
→ x = (-b ± sqrt(b^2 – 4ac))/2a

大学1〜2年の時以来まともに数学なんてやってないからなぁ・・・

1984

1984 published on 1984 へのコメントはまだありません

1984というと自分はVan Halenのアルバムを思い出すんだけど、これは近未来の統制社会を舞台にした小説。

ネタバレになっちゃうのであまり書かないけど、世界は3つに超大国に分断統治されていて、国が国民を思想統制してるんだけど、こうやって人を支配してんのかぁとか思うと怖くなる。単なる小説じゃなくて実際に起こりえるところが怖い。現代社会なんてマスメディアに支配されているようなもんだし。

なんか20世紀の文学100選とかそういうのにも色々選ばれている名作みたいだし、それを抜きにしても色々考えさせられる事も多い本だと思うので、是非読んで欲しい。

ちなみに自分は英語版を友達から借りて読んだんだけど、結構難しい単語とかが出てきて読み終わるまでにかなり時間がかかった。

MailArchiva

MailArchiva published on MailArchiva へのコメントはまだありません

ここ数ヶ月やっていた事(別にこればっかりやってた訳ではないけど)が、MailArchivaというソフトの日本語対応。本日プレスリリースが出たのでようやく話を公に出来る〜。

プレスリリースはZDNetとかのサイトにも載せてもらってた。普通プレスリリースって、こっちが流した文章をそのまま載せると思うんだけど、Sourceforgeは独自に簡単な取材(?)みたいなのをして記事を書いてたので感心した。

さて、このMailArchiva、GPLのオープンソース版と商用ライセンスのデュアルライセンス。商用版は非常に安価で、かつアメリカを中心として豊富な導入実績がある。海外のリファレンスユーザーの情報はそのうちまとめて出せるのではないかと思う。

とりあえず、これからボチボチMailArchivaのエントリも書いていこうと思う。

Simple is Best

Simple is Best published on Simple is Best へのコメントはまだありません

結構前のZDNetの記事で、簡素な英語表現で力強いメッセージを伝えよう、みたいな趣旨のがあって、具体的に冗長な英文を10パターン挙げて、それに対する改善案も挙げている(これ)。

言語は違っても、ビジネスとかの文章は回りくどい言い方はしないってのは基本なんだなぁと思った。自分はそもそも回りくどい言い方が出来るほど語彙力はないんだけど・・・

簡単な単語の発音

簡単な単語の発音 published on 簡単な単語の発音 へのコメントはまだありません

今さらという気もするけど、最近英語の発音をもう少し向上させたいと思って少し勉強してる。

結構簡単な単語でも発音を間違ってるのをたまに耳にする事があって、例えばmoneyってカタカナ英語で「マネー」だからそう発音する人が多いけど、実際はカタカナで書くと「マニー」っていう発音の方が正しい。

で、似たような感じで自分が間違えて覚えていた発音の単語があった。それはhalf。カタカナでは「ハーフ」だけど、辞書で発音記号を調べたら[haef]だった。母音がアとエの中間の音。自分はカタカナ表記に引きずられて[ha:f]かと思ってた。

まだまだ勉強が足りないなぁ。

ようやく

ようやく published on ようやく へのコメントはまだありません

ここ半年(ちょうど6ヶ月か・・・)やってきたプロジェクトがようやく一区切りが付いた。というかこれからが本番なんだけど。

昨日プレスリリースを送ったのだけど、それが月曜日にどれだけ取り上げられるのか、その後どの程度の問い合わせがあるのか。期待半分不安半分と言ったところ。

この案件は日本に帰ってきてから初めての海外の会社さんとの取引。まだまだ拙いとはいえ、英語を勉強しといたのがこうした形でビジネスに繋げられて良かった。