Skip to content

Fedora Core 3 on Virtual PC 2004

Fedora Core 3 on Virtual PC 2004 published on Fedora Core 3 on Virtual PC 2004 へのコメントはまだありません

前回インストールしたPCが壊れたので、今回はFedora Core 3にしてみた。あと、Virtual PC 2004 は Service Pack 1が出ているので、それもインストール。ネットで調べてみるとすんなりいったって人が多いみたいだけど、今回も一筋縄ではいかなかった、、、
まずはDVDのisoイメージを落としてきてDVDに焼く。で、起動させるが、GUIモードでもCUIモードでもどちらもkernel panic、、、
ネットで色々調べてるうちにどっかのページで仮想ディスクを作り直して云々って記述があったので、藁にもすがる思いで仮想ディスクを作り直した。デフォルトだと16GBくらい(といってもゲストOSからはそう見えるだけで実際は動的にサイズが変わる)なのを4GBに変更。
その後、再度DVDで起動してtextモードでインストール。サーバー用途なので、必要最小限のものだけ。通常通り進めていって、無事完了。
で、リブートすると、、、Segmentation Fault の嵐。結局このページのお世話になる事に。今回もFedora Core 2の時と同様、Sandersさんという人が作ったカーネルのお世話に。手順通りやったら無事起動した。しかし、わざわざRPMで提供してくれるのはありがたいが、このカーネルは通常のとどこが違うのかがどこにも書いてないのはちょいと困る。カーネルにセキュリティホールがあった場合、どうすりゃいいんだろうねー。
大晦日なのにこんなことしてていいのだろうか、、、

gentoo on coLinux

gentoo on coLinux published on gentoo on coLinux へのコメントはまだありません

必要に迫られて(?) coLinux をインストール中。

googleで検索すると一番上に出てくるERROR STORMというページや、その他のページも参考に。

環境
OS: Windows XP Professional SP2
CPU: Celeron 700MHz
mem: 192MB(少ないよ、、、)
HDD: 15GB(少ないよ、、、)

手順
1. coLinuxをダウンロード(SourceForge
2. インストール
colinux-0.6.1.exe を実行
コンポーネントの選択ではTAP-Win32を選択
Root Filesystem image Downloadも選択したけど、ダウンロードされなかったような。
3. TAPデバイス経由の接続の名前を変更
「コントロールパネル」→「ネットワーク」を見ると、「ネットワーク接続 2」とかになっていると思うのでそれを「TAP」と変更。
4. Root Filesystem imageのダウンロード
Windows上で動く仮想Linux環境のディスクイメージを上記SFのページからダウンロードできる。ネットで見た限りだとDebianユーザーが多いけど、迷わずGentoo-colinux-stage3-x86-2004.3.bz2を選択。
5. ついでにswap imageもダウンロード
swap領域のディスクイメージをここからダウンロード。容量は好きなのを。
6. イメージファイルの展開
お好きな場所へ。自分はC:Program FilescoLinuximagesに置いた。
7. default.colinux.xml の編集
変更点は以下の通り。

<!– ディスクイメージの場所を指定 –>
<block_device index=”0″ path="DosDevicesC:Program FilescoLinuximagesGentoo-colinux-stage3-x86-2004.3" enabled="true" />
<block_device index=”1″ path="DosDevicesC:Program FilescoLinuximagesswap_128Mb" enabled="true" />
<!– 環境に合わせて好きなサイズで –>
<memory size="64" />
<!– 手順3で設定した名前を指定 –>
<network index="0" name="TAP" type="tap" />

8. ネットワークブリッジの作成(Win XPのみ可能)
「コントロールパネル」→「ネットワーク」を開き、Ctrlキーを押しながら「TAP」と既存のネットワーク接続の両方をクリックし、右クリックのメニューからブリッジを作成。
9. 無線LANの場合、動作モード(?)の変更
ERROR STORMさんの所に「ワイヤレスLANにてブリッジ接続を行うことができない場合があるようです」と書いてあります。というよりうまくいかない事が多いらしい。MSのページの下の方に解決策が載ってる。
コマンドプロンプトを開き無線LANのForceCompatibilityModeをenableにする。

> netsh bridge show a
———————————————————————-
ID AdapterFriendlyName ForceCompatibilityMode
———————————————————————-
1 TAP unknown
2 ワイヤレス ネットワーク接続 unknown
———————————————————————-
> netsh bridge set a 2 e
> netsh bridge show a

10. そろそろ起動する
以下のような簡単なバッチファイルを作って実行

colinux-daemon.exe -c default.colinux.xml

11. swapの有効化
ユーザー名 root , パスワード root でログイン
/etc/fstabに以下を追記

/dev/cobd1 none swap sw 0 0

swapを有効化

# swapon -a

mkswap /dev/cobd1 は必要ありません。
12. Windows Firewallの無効化
有効にしてたらWindowsのファイル共有も使えなくなってた。無理に有効にする必要性も見あたらないので、特に調べる気は無し。

coLinux固有のgentooの設定はgentooのサイトにドキュメントあり。
gentooの設定はまた後でやろう。

nostalgia

nostalgia published on nostalgia への4件のコメント

スカパー! 271chはMusic Air Networkという局で、「大人のための音楽専門チャンネル」というキーワードなんだけど、今日ひさしぶりに付けてみたらかなり懐かしいのが沢山流れてちょっと嬉しかった。80年代HR特集だったのかな?
Fallen Angel / Poison
このバンドは好きだったなぁ。硬派な(?)ファンにはぼろくそに言われてたけど、意外に曲がいい。特に3枚目(かな?)の Flesh & Blood は出来がいいと思う。ギターはヘタクソとさんざん言われてたけど、上手けりゃいいってもんじゃないからね。ヘタでもかっこいい方が勝ち。
ビデオクリップありきたりだけど、80年代っぽくていいね。涙が出るよ。
Sweet Child o’ Mine / Guns ‘n’ Roses
当時高校生だったかな。耳障りなボーカルがあまり好きになれなくてあまり聞いてなかった。でも曲はいいんだよね。2枚同時発売のアルバムの後ってそのままフェードアウトだったっけか?
曲名忘れた / Great White
昔は大人気だったのに、最近では数年前にどっかの小さなライブハウスで火事を起こして死傷者を出したって位しか話題がない。こういう過去の栄光を引きずっている人たちって今は何してるんだろう、、、
ちなみに、自分がHRを聞き始めるきっかけになったのは、WingerのSeventeenって曲(1stアルバムに入っていた)。中学校の時にSony Music TVっていうビデオクリップを流す番組があったんだけど、たまたま夜中にTVを付けたらWinger特集(!)でSeventeenのクリップが流れていた。次の日に前日の新聞のTV欄を見てWingerという名前を頭に刻みつけて、その日か次の日くらいにレンタルCDを借りに行った記憶あり。CDのジャケットがTVゲームっぽくて、友達にPCエンジンのゲームと間違えられた記憶あり。
Wingerを聞くならやっぱり2枚目だね。中古CD屋で300円とかだったら買うべし。
あぁ懐かし。

欧州へ行く

欧州へ行く published on 欧州へ行く への4件のコメント

仕事の区切りがつくので、ついに念願のヨーロッパ旅行を計画中。2/24〜3/17の予定。行きたいところが結構あるから、これでも短いくらいかも。今年中に飛行機の予約をしようと思う。向こうに2人友達がいるので、連絡取らなきゃ。
色々準備が大変だけど、楽しみだ。

ベースなんですけど。

ベースなんですけど。 published on ベースなんですけど。 への4件のコメント

音楽に興味のない人はベースとギターの区別が付かないらしい。というかベースって何?って人が多い。バンドの練習帰りにベースを持っていると「ギターやってるんですね」とか言われたりする。「あ、ベースなんですけどね(ごにょごにょ)」と小声で答えるけど、詳しく説明する気はなし。でも、そうもいかない時もあったりする。
「今度ギターで1曲やって下さいよ」
とか無茶を言う人もいたりしてねー。「あ、ベースって言うのはギターとちょっと違っていて云々」などとしどろもどろに答えたりする。ベース弾きってのも楽じゃないねー。ベースソロってスタンダードナンバーやろうとするとベース用にアレンジしなきゃいけないから面倒だし、ベースのソロ曲って言うとジャコパスのめちゃ難しいのとかしか思い浮かばないし、、、
で、そんな時にいい本を発見。早速購入。
ソロベースのしらべ / 渡辺直樹(amazon
ベーシストの渡辺直樹がスタンダード曲をベース用にアレンジ。楽譜+CD。1曲弾いてくれと頼まれた時には結構使えそうだ。ライブの合間にちょろっとやるもよし。
ソロベースのしらべ 癒しのポップスバラード篇」という本もあるようだ。

我が家にゴールがやって来た

我が家にゴールがやって来た published on 我が家にゴールがやって来た へのコメントはまだありません

バスケゴール
アメリカ製だけあって、ずさんな作りで組み立てが非常に面倒だった。でも、いつでもシュート練習が出来るのは楽しいね。小金持ちになったらコートを庭に作りたいものだ。

MCE 2005 久々に触った

MCE 2005 久々に触った published on MCE 2005 久々に触った へのコメントはまだありません

買ってから放置状態だったWindows XP Media Center Edition (MCE) 2005を久々に触った。
TVのアンテナを買ってきたのでつないでみる。Media Centerを立ち上げてまずはTVの設定。ウィザードに従って国・郵便番号を選択。途中でアンテナから勝手に信号を読み取って設定してくれる。EPGのダウンロードも途中で行われる。非常に楽。2〜3分で設定が完了してTVが見られるようになった。なかなかいいね。
で、TVを見てみる。やっぱりリモコンが欲しいな、、、で、見たい番組があれば録画ボタンを押すと録画がすぐに始まる。でもどこに保存されるんだろ?あと何の形式?その辺りはちょっと調べてみよう。
ビデオキャプチャカードって前にも持っていたんだけど、設定が面倒だったりAdministrator権限がないと録画できなかったりとか色々あって、すぐに使わなくなったんだけど、今回は簡単なのでなかなか満足してる。
あとは録画したのをDVDにしたり圧縮して小さくしたり、あるいは過去にビデオに録画したのをキャプチャしたりってのもやっていきたい。

ライブ

ライブ published on ライブ へのコメントはまだありません

来年2/12にやる予定。場所は前と同じ所。前回やった時は思ったより沢山人が来てくれた。多謝。今回は前回とちょっとは曲目を変えないとねぇ、という話になってるけどどうなるのだろう?7〜8曲のうち3曲くらい入れ替えられればいいんだけど、時間があまりないし、、、