Skip to content

GPL3

GPL3 published on GPL3 へのコメントはまだありません

来年にドラフトが出るそうだ(eWeek)。この手の記事、日本のニュースサイトでは見かけなかったんだけど、、、探し方が足りない?というかわざわざ探す必要もないけど。
以下に関連する内容が新たに追加されるかも。
著作権・特許(SCO問題が発端?)
プログラムの改変・修正
アメリカ・欧州の著作権法の違い
Webサービス(LGPLのように特殊な扱いになる?)
セキュリティ
一応SEのはしくれとして、少しは気になる。オープンソースソフトウェアを使う事も結構あるし。

tinydnsとdnscacheとMicrosoft DNS

tinydnsとdnscacheとMicrosoft DNS published on tinydnsとdnscacheとMicrosoft DNS へのコメントはまだありません

うちでは tinydns, dnscache, Microsoft DNS が混在している(当然別のIP)。

tinydns : 192.168.0.a
dnscache : 192.168.0.b
Microsoft DNS : 192.168.0.c

tinydns は kazu.tv ドメインを担当。内部用のサブドメインはMicrosoft DNSに委譲している(Active Directoryを使ってるので)。あとWindowsクライアント向けのキャッシュサーバーも兼ねている。dnscacheはLinuxサーバー等のADドメインにログオンしないマシン向けのキャッシュサーバー。

dnscachex/root/servers/@ の中身はプロバイダのDNSサーバーを記述
dnscachex/root/servers/kazu.tv の中身は192.168.0.a

Microsoft DNSの設定。「前方参照ゾーン」で内部用サブドメインの必要なレコードが設定してある(Active Directory関連のレコードは自動更新されるはず)。

ここまでの設定は問題ないと思う。で、前回設定した通り、LAN内からは www.kazu.tv -> 192.168.0.x と返して欲しい。

$ dig www.kazu.tv @192.168.0.b

この結果も問題ない。しかし、以下の場合は 43.244.202.178 が返されてしまう。

$ dig www.kazu.tv @192.168.0.c

なので kazu.tv ドメインの名前解決の場合は192.168.0.a を参照するようにしたい。具体的にはDNSサーバーのプロパティを開き、「フォワーダ」タブで「選択したドメインのフォワーダIPアドレス一覧」に追加する。けど、ここで直接 192.168.0.a を設定するとダメ。NOTIMPだそうだ。192.168.0.b だとOK。

なので、現在Windowsクライアントが www.kazu.tv の名前解決をしようとすると
クライアント -> Microsoft DNS -> dnscache -> tinydns
となっている。もっといい方法がないものか、、、

リンク
tinydnsのログ形式

tinydns 内と外で応答を変える

tinydns 内と外で応答を変える published on tinydns 内と外で応答を変える へのコメントはまだありません

www.kazu.tv -> 43.244.202.178 なんだけど、NATなのでサーバーの実際のIPアドレスは 192.168.0.x となっている。

LAN内から www.kazu.tv という名前でアクセスしたい事がある(このblogとか、VirtualHostを使っている時など)。その時に 43.244.202.178 を返されると困る。今までは何も考えずに hosts ファイルに書いていたんだけど(c:windossystem32driversetchosts)、tinydnsの設定で実現できる事が分かった。

こんな感じ(関係するところだけ抜粋)。

%in:192.168
%ex
+www.kazu.tv:43.244.202.178:86400::ex
+www.kazu.tv:192.168.0.x:86400::in

この設定により、192.168.z.z からアクセスされた場合は 192.168.0.x を返す(実際には dnscacheが192.168.0.? で動いているので、www.kazu.tv の名前解決は クライアント->dnscache->tinydns という感じ)。

ついに来たDQVIII

ついに来たDQVIII published on ついに来たDQVIII へのコメントはまだありません

やりはじめちゃったよ、ドラクエ。今までと違い、事前情報全く無しでやり始めてるからすごい新鮮で楽しい。
絵や音楽の暖かみは3Dになっても変わらず。やっぱり堀井雄二、すぎやまこういち、鳥山明が関わればそれがドラクエってところか。今年中に終わらせたいところ。

トラックバック着信→Entryリビルド

トラックバック着信→Entryリビルド published on トラックバック着信→Entryリビルド へのコメントはまだありません

タイトル通りです。
ここを参考に(というかそのまま)やってみました。うちの環境では変更するのは214行目あたりだった。Movable Type 2.661 で。
いまのところトラックバックは来てないようなのであまり意味はない修正だけど。動作確認も面倒だからやってないし、、、

hotmailが携帯で、、、

hotmailが携帯で、、、 published on hotmailが携帯で、、、 への4件のコメント

仕事が暇だ。随分前から。Webを見たりぼんやりして過ごしているが、変なWebページを見るわけにも行かずなかなかツラいものがある。で、トイレの個室で携帯からヤフオクにアクセスしたりしてるわけだが、、、
今日ふと思いついて携帯から www.hotmail.com にアクセスしたら、ちゃんと携帯用のページに行くんだ。知らなかった。でもセッションIDとかが付いたURLに勝手に飛ばされるから、ブックマークに出来ない(やり方が分からない)。あまり使わないからいいか。

新リーグの詳細が決まった

新リーグの詳細が決まった published on 新リーグの詳細が決まった へのコメントはまだありません

日本バスケの新リーグ(bjリーグ)の詳細が決まったらしい(ニッカン
記事では新潟と埼玉がJBLを強行脱退したと書かれている。この辺りの経緯はあまり伝わってきてないのでどうしても憶測になりがちだけど、事前に話し合いとかは持たれていたんだろうね。で、決裂して強行脱退、と。
オフィシャルサイトを見たけど、細かいところまではあまり分からなかった。地域密着をはかるというのは当たり前の話だけど、実際にどのような運営をしていくのかな。各チームの資金力はどの程度なんだろう?Jリーグ発足当時のように過去の名選手を呼んだりするのか、それともレベルは低くてもあくまで地道にやっていくのか。
過去の名選手を呼ぶなら誰がいいんだろう。昔はショーン・ケンプが好きだったけど、太ったはケンプ見たいような見たくないような。頭が良くて日本人にいい影響を与える選手がいいな。ストックトンとか無理かな、、、スパッド・ウェブやマグジー・ボーグスみたいな小さな選手とかもいいな。小学生とかが目標に出来るような選手(S・ウェブの場合は身体能力が並はずれてるけど、、、)。
田臥がNBA入りして(今は故障者リスト入りだけど)、2006年には世界選手権の日本開催、そしてこの新リーグ。日本バスケがいい方向に向かっていくといいな。
bjリーグオフィシャルサイト

ベースやるか

ベースやるか published on ベースやるか へのコメントはまだありません

10年くらい前、約1年間ベースを習ってた。ピアノとかと同じで毎年発表会があるんだけど、ギター・キーボード・ベース・ドラム教室の生徒で即席のバンドを組んで発表するってスタイルなのがピアノとかと違うところ。で、人数のバランス的にベースの生徒さんが圧倒的に少ないので、辞めてからもほぼ毎年助っ人で駆り出される。辞めて10年くらいたつのにねー。
で、今年の発表会が昨日だった。去年は5曲担当なのでかなりしんどかったけど、今年は2曲だけだった。最近はほとんど練習してないから上達もしてないんだけど、毎年ただ漫然と曲を弾くのもなんだかなぁと思って、今回初めて人前でピック弾きで演奏した。面白かったけど難しいもんだ。
毎年、発表会後は「もうちょっとうまくなりたいな」って思うんだけど、どうも長続きしない。他に楽しい事いっぱいあるからなー。時間が欲しい。
そういやジェマーソンの、結構前に買ったけど読んでないな。とりあえず本を読んで、しばらくはジェマーソンを目指すかな。

放課後

放課後 published on 放課後 へのコメントはまだありません

放課後 / 東野圭吾
これ、面白いね!友人の文学青年TTさん一押しの作家、東野圭吾のデビュー作。この人の作品初めて読んだけど、文体は淡々としてて結構好きだな。奇を衒うでもなく文章力・構成力がある実力者という印象を受けた。
謎解きだけど、犯人はある程度読めたんだけど、本線にしてもいいくらいの豪華なネタを惜しげもなく伏線に散りばめてるし、結末も意外性があって最後まで一気に読めた。というか、一刻も早く先を読みたくさせるような小説は結構久しぶり。高校生の爽やかさ・危うさ・脆さみたいなのもよく書けてるなーとも思った。
いい意味で万人受けしそうな作品。ということでどんな人にもオススメ。
amazonの商品ページ

Categories