Skip to content

$$

$$ published on $$ へのコメントはまだありません

外貨預金を初めて半年。「今ならキャンペーンで金利13%!」みたいな謳い文句につられて、何も分からないままNZ$を選んだ。年率13%ってのは最初の3ヶ月間だけだし、NZ$はTTBとTTSの差が大きいってのは全部後から知った。
しかしせっかくやるんだし色々勉強したいと思って、本を買ったりYahoo! FinanceのAustralia & New Zealand版をマメにチェックし始めた。その甲斐があって(?)こないだ1NZD=75JPY位になった時に解約したら4万くらい儲かった。パチンコで1回勝ったようなものかな。
で、最近円高米$安だったので米$を買ってみた。106.50位の時。しかし2日後の今日、一時期105円台になって少し凹んだ。今まで幸運にもこの手ので損したことが無かったんだけど、いつかは損する時も絶対出てくるはずなので、自分の中の次のテーマは「損切り」にした。とりあえず105円を切ったら円に戻す予定。
あと、今は時間がないけど、暇が出来たら金利や手数料を比較検討して別の銀行にしたいねー。今はもともと口座のあった三井住友銀行でやってるけど。
お金が儲かる(かもしれない)し経済の事にも詳しくなれてリスクもそれほど大きくないので、外貨預金は結構面白いと思うよ。暇な人は試してみよう。

DNS 2

DNS 2 published on DNS 2 へのコメントはまだありません

DNSの設定がいまいちうまくいかない。
以前と症状は一緒っぽい。結構調べて原因が少しは分かってきた(直接の原因はまだ分からず)。
checkDNSでns.kazu.tvからSOAが取得できない、という件。tcpdumpしたところ、ちゃんと返答しているっぽい。返答内容(=ゾーンの設定)に問題がある?
lame delegationと言われる件。セカンダリDNS 43.244.130.23がNon-authoritativeな答えを返してる。セカンダリDNSはBIND8。設定ファイルの該当箇所はこんな感じ。

zone “kazu.tv” IN {
type slave;
masters {
43.244.202.178;
};
file “kazu.tv.zone”;
};

特に問題なさそうなんだけどなぁ。
以下、メモがわり。
DNSのチェックをしてくれるサイト、新たに発見
squish
tinydnsの設定の際に役に立つページ
オフィシャルページの日本語訳情報としては十分だが、このページにたどり着くのが結構大変、、、
tinydnsの設定分かりやすい

Fedora Core 2 on Virtual PC 2004

Fedora Core 2 on Virtual PC 2004 published on Fedora Core 2 on Virtual PC 2004 へのコメントはまだありません

インストールなんてすぐ終わるだろう、と思ったら結構時間がかかった。
理由その1:Virtual PC 2004のパフォーマンスが良くない
VMWareに比べるとずいぶん遅いような気がする。一つ一つのRPMをインストールする時に解凍処理が行われるけど、そこで結構時間がかかっているような気がする。
理由その2:FC2がVPC2004にすんなり入らない
まず、グラフィカルモードが立ち上がらない。なので、テキストモードでインストールした。インストールが終わって再起動するとまともに動かない(segmentation fault多発)。調べたところこんな記事が。この通りにやったらとりあえず起動した。しかし、「カーネル2.6の一部の機能が問題になって」の詳細が分からない。
もう少し検索してみると、元ネタらしきのを発見(コメント#18参照)。しかし、どこを変えたのか?との質問には
I don’t know what one thing makes the difference. The kernel is very vanilla without any Redhat patches. I just selected the options that seemed appropriate to the emulated hardware.
ということで「よくわからん」という回答でした。

MCE続き

MCE続き published on MCE続き へのコメントはまだありません

DVDやAVIファイルを再生してみた。
PowerDVDやWindows Media Playerだと正しく再生できたけど、Media Centerから再生しようとすると一瞬画面がチカチカして(画面の解像度を変えるときのような感じ)、すぐにビデオが「終了」の状態になってしまい「はじめから再生」を選んでも同じ状態になる。
オーバーレイが関係したりする?からドライバがいけないんだろうと思って(それまではWindows標準のドライバを使っていた)、ATIのページにダウンロードに行った。ドライバダウンロードページのOSの選択のところで「Windows XP Media Center Edition」とあったので「おっ!」と思ったけど、MCE2004のドライバらしいので通常のWindows XP用のドライバを落としてインストール。
結果はOK。MCE、結構いい感じかも。なんだかリモコンがほしくなったよ、、、
次はビデオ録画だな。

新書

新書 published on 新書 へのコメントはまだありません

仕事してる会社のまん前に本屋がある。割とオフィス街のせいか、新書の割合が結構高いような気がする。教養的なものから仕事のノウハウ系まで結構いろいろあるので、最近は新書をよく買ってる。
ある分野の本を何冊か買って読めばその分野のことの基礎知識はある程度つくから、人の話に適当について行けるし知ったかで適当なことは言えるようにはなると思うけど、基本的には所詮は新書だからやっぱり内容は浅いなぁと思う今日この頃(そうじゃないのもあるけど)。詳しく知ろうと思ったらちゃんとした高めの本とかも読むべきかも。
ちなみに最近はアラブ・イスラム関係のを何冊か読んだ。高校のときは日本史だったからかもしれないけど、この辺りの事って学校では全然教わらないような気がする。ニュースでスンニ派・シーア派とか名前はよく聞くけど、知らないと「ふーん」って思うしかないからなぁ。

Categories

Windowsをルーターにしたい

Windowsをルーターにしたい published on Windowsをルーターにしたい へのコメントはまだありません

忙しい中、ようやくMCEのセットアップが終わって、そのPCから書き込み中。普通のWindows XPとしか使ってない、、、
昨日、台風23号が近づいていたので、昼の仕事はお休みして、たまった作業などをいくつか片付けた。MCEもそうだし、キーボードが壊れたVAIOはサーバーとして使おうと思ってFedoraを入れたんだけど、cardbusがIRQ取得できなくて無線LANが使えず。結構がんばったけどだめだったので諦めてWindows 2000に戻した。
なので、買ったことを忘れていたVirtual PCを入れてその上にLinuxを入れて、ネットワークをブリッジさせて使おうと計画中。あるいはcoLinuxか。しかしいつになるやら、、、
VAIOはルーターとして使おうと思ってたから、Windowsのソフトウェアルーター関係はいろいろ調べた。検討した(けど理由によりダメだった)ものを以下に紹介。
Windows 2000のICS(@IT)
これいいなぁと思ったけど、LAN側のIPアドレスが192.168.0.1に固定されるのがNG。レジストリをいじれば変えられそうな事もどっかのWebサイトに書いてあったけど、、、
BlackJumboDog(開発者)
昔からあるソフトらしい。static NATが使えないみたい。
WinGate
同じくstatic NATがダメ。
WindowsのRRAS
ProfessionalではNATは使えず(フィルタリング専用?)
ほとんど使ってないiBookでnatdを使ってルーターにしようか等、いろいろ考えたんだけど、前述のとおりVirtual PC使うのが一番楽そうだな。

増えすぎちゃって

増えすぎちゃって published on 増えすぎちゃって へのコメントはまだありません

PCがどんどん増えてく。自分のだけで現在9台(稼働中が6台)、家族のも含めると13台?で、近日中にもう1台増える。しかもキャプチャ用にもう1台欲しいなぁとか思い始めてたりする。
そこで、困った事はコンピュータ名なんだよね。最初の頃は持っているベースの名前やメーカーの名前(Moon, Tune, Washburn etc.)を付けていたんだけど、5本しか持ってないので既に足りてない。最近はDC(ドメインコントローラ)、DEV(開発環境)、IBOOK(まんま)なんて名前になっていて、これはまずいと思い始めているんだけど、、、
新しい名前体系?を考えねば。

池波正太郎

池波正太郎 published on 池波正太郎 へのコメントはまだありません

以前、友人の「く」に「池波正太郎ならまずは鬼平犯科帳かな?」と聞いたところ、それもいいけど「剣客商売」がオススメ、と言われて読み始めた。昼休みに毎日2〜30分立ち読みして、足かけ半年で全18巻読み終わったのが3ヶ月くらい前。
色々なところで言われれているが、作品中に出てくるメシの描写がとにかく食欲をそそる。出てくるのは江戸時代の庶民の料理が主なので豪華な料理はあまり出てこないが、ソバだのみそ汁をあそこまで美味しそうに書ける池波正太郎はスゴいね。作品中に出てくる料理を集めた「剣客商売 庖丁ごよみ」(amazon)なんていう料理本も出てる(オールカラーだったと思う)。
剣客商売は途中で作者が亡くなってしまうので、ちゃんと完結している終わり方ではないんだけど、基本的には数話読み切りタイプなのであまり関係ない。でも通して読むと大治郎の成長ぶりがわかる。今の自分の年齢と近いし、ああいうかっこいい日本人になりたいもんだね。
話変わって、先週くらいから「鬼平犯科帳」を読み始めた。いつ読み終わるのだろう、、、

Categories