Skip to content

死ぬ瞬間

死ぬ瞬間 published on 死ぬ瞬間 へのコメントはまだありません

死ぬ瞬間―死とその過程について/エリザベス・キューブラー・ロス(amazon
これ、マジオススメ(ところどころ今とは事情が違うなぁと思うところもあるけど)。「生きた」話が満載で、死や人間の尊厳について色々考えざるを得ない説得力がある。
内容を一応書いておくと、筆者達のグループは末期患者に「あなたにとって死とは何か?」等のインタビューを行い、それを通じて医師・看護婦・教会牧師・患者の家族等が患者の死に至る心理的過程を患者から学び医療を改善していくという研究をした。また、患者にとっても禁忌とされていた死を他人(著者達のグループ)に語る事により心理的安寧を得られた。それらの記録。
ちなみに著者はつい最近亡くなった。どんな最期だったのだろう?

Categories

twist

twist published on twist へのコメントはまだありません

今更ながら、PEPSI Twisのガンダムボトルキャップを集め始めた。職場内の売店に売っていたので。売店のおばちゃんと仲が良いので余ったのをもらったり要らないのを交換したりするつもり。
今のところ
03:ガンダム試作1号機
08:ウイングガンダムゼロ
とまぁまぁかっこいいのを手に入れたが、今日は
15:ヒイロ・ユイ
要りません!
売店にはdietの方は売ってないんだよなぁ、、、近くのコンビニで大人買いするかな。欲しいのはZガンダムとVガンダム。でも、Vは羽が生えてないとなぁ、、、

くそのなかのくそ

くそのなかのくそ published on くそのなかのくそ へのコメントはまだありません

こないだの仕事で知り合いになったMくん。大学時代に交換留学でLAに1年間行ったり、自分で勉強したり、と英語が得意。悪評も多いとあるNGOのスタッフ(薄給)やスポットの通訳のバイトで食いつないでいる貧乏人。
そんな彼がLA時代の現地の友人に褒め言葉として
You are the shit!
って言われた事があったらしい。最初はけなされてると思って凹んだらしいけど、聞いてみると「ただのくそじゃなくて、THE shitだからくそのなかのくそ。」と説明を受けて一応納得したらしい。日本語に訳すと「おまえは最高のくそったれ」って感じか。
いずれにせよ上品ではない。その他、似たような小ネタを一つ(まぁ有名だけど)。
フランス、イタリアでの乾杯!は
Cincin
です。
googleで検索して出てきたページによるとフランス語では「A votre sante(あなたの健康に)」となってるけど、知り合いのフランス人はいつも「Cincin!」と大声で言っていた。

完成させたい

完成させたい published on 完成させたい へのコメントはまだありません

新しいカテゴリ「絵」を作ってみた。書く事そんなにないけど、、、
最近忙しかったが、今日久しぶりに教室に絵を描きに行った。終わった後のメシの席でマイクことUさんと話した事。
「今年になって完成した物が1枚もない。」
やばいねー。最近何もかも中途半端な気がする。今年は大きめのサイズに(といっても15号)チャレンジしてるってのもあるけど。
去年は下手くそなりに一応2枚は完成した。そのうち1枚は教室の展覧会に出したヤツ。一応画像を載せとく(小さめに、、、)。
わざわざ携帯カメラで写真撮ってアップロードして、ってのもひとえに現実逃避のなせるわざ。あ〜仕事したくねー。
来週、新制作展に行こう。

Categories

読み終わった

読み終わった published on 読み終わった へのコメントはまだありません

赤と黒 読み終わった。毎日昼休みに20分ずつ位だからなかなか進まなかったけどねー。こないだ、フランス革命についてちょこっと勉強したけど、その辺の知識があるのと無いのでは全く違うなぁと思った。時代背景が分からないと楽しみ半減だよ。時間が出来たら(いつになるやら)レ・ミゼラブルも読み直すかな。
で、赤と黒。結構軽快にさらっと読めてしまう、というか続きを早く読みたくなる感じ。個人的にはあの結末には体制に対する諦めみたいなのも感じたんだけど、解説読むと実際に刊行されたのは7月革命の後だから、スタンダールが批判した王政復古の時代は終わってたんだよね。
Amazonのレビューで、「恋愛のかけひきの部分も実生活の参考になる」みたいなのがあったけど、19世紀フランスと21世紀日本、あまりに違いすぎて参考にはならないだろうと思うけど。
赤と黒〈上〉岩波文庫
赤と黒〈下〉岩波文庫

Categories

勝った〜

勝った〜 published on 勝った〜 へのコメントはまだありません

教えてるバスケチームの練習試合が今日の午前中に有った。レギュラー組2試合、5年以下1試合、4年以下1試合の計4試合(1Q4分だったり3分だったりしたけど)。
4年以下のチームだけ勝った。最近は4年以下を教えてる事が多いので、ちょっと嬉しい。課題としては主力の子とそれ以外の子の差が大きい事か。全体を底上げしたいところ。
相手のチームは比較的よく練習試合をしてもらってるチームで結構強い。コーチの方もしっかりした教え方をするので参考になる。

Chasing Hits-tory

Chasing Hits-tory published on Chasing Hits-tory へのコメントはまだありません

イチローがスゴい!昨日の5打数5安打に続いて今日は6打数4安打。まぁその辺はスポーツニュースで散々やっていると思うのでここには書かない。
MLBのWebサイトにイチローの特集ページが出来てる。MLBのWebサイトに個人のコーナーが出来るのは稀な事みたい。ページのタイトルが「Ichiro Chases Hits-tory」。HistoryとHitsをかけてるってのは書くまでもないか。
ちょっと話は逸れるけど、自分が毎日欠かさずチェックしている唯一のWebサイト、nikkansports.comのトップページには「イチロー、メジャータイ257安打まであと10本 残り10試合」という電光掲示板っぽい画像がのってる。残り10試合で10本ならいけそうだなぁ、などと本人でもないのに毎日気をもんでる。Yahoo!ニュースでも「イチロー2日で9安打 あと10本」との見出し。さて元に戻って先のイチロー特集ページを見ると「Hits needed to break record: 11」と書いてある。あれ〜?後10本じゃなかったっけ?とちょっと考えてしまった。
結局 11 to BREAK record ってことに気づいたんだけど、日本だとどのメディアも記録に“並ぶ”まであと○本、という書き方をしているのに対して、記録を“破る”のにあと○本、という書き方をするってのもお国柄の違いなのかなぁなどと考えてしまった。
ちなみにさっきのページ、イチローをカタカナで縦書きにしておきながら長音記号が横棒のままなのはご愛敬。